保育所の民営化視野に 将来的な運営形態で検討 昼窓業務、来年4月拡大へ 市議会一般質問

 石垣市議会(知念辰憲議長)9月定例会は7日から一般質問の日程に入り、初日は平良秀之、長浜信夫、箕底用一、仲嶺忠師、東内原とも子の5氏が登壇した。市立保育所の将来的な運営形態について知念修福祉部長は、認定こども園に移行した上で、将来的な民営化も視野に入れる考えを明らかにした。嘉数博仁企画部長は、市役所の昼休み窓口業務(昼窓)について、来年4月から取り扱い内容を拡大する方針を示した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html