拉致問題に協力要請 県内の特定失踪者、全国2位

県内の特定失踪者の家族、濱端俊明さん(左から2番目)、下地元枝さん(同3番目)らが仲井真知事を訪問した=6日、県庁
県内の特定失踪者の家族、濱端俊明さん(左から2番目)、下地元枝さん(同3番目)らが仲井真知事を訪問した=6日、県庁

 北朝鮮による拉致被害者が沖縄にも多数存在するとして「『忘れないで、特定失踪者』沖縄集会」実行委員会のメンバーが6日、県内の特定失踪者の家族らとともに県庁を訪れ、仲井真弘多県知事へ問題解決に向けた協力を要請した。


 政府認定拉致被害者は17人だが、拉致の疑いがある行方不明者883人の捜査を警察庁は行っている。また同行した特定失踪者の藤田進さんの弟、藤田隆司さんは「883人すら氷山の一角」と訴えた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html