辺野古基地埋立工事に反対 県庁前で市民集会 

集まった市民らは「辺野古新基地NO」のボードを手に声を上げた=9日、県民広場(県庁前)
集まった市民らは「辺野古新基地NO」のボードを手に声を上げた=9日、県民広場(県庁前)

 辺野古の基地埋立拡張工事に反対する市民らが9日正午から1時間、県庁前の県民広場を中心に、北側を除く県庁周囲に集まり「止めよう新基地建設!10・9県庁包囲県民大行動」と題した集会を開いた。集会の呼びかけは仲宗根悟氏(社民・護憲)、奥平一夫氏(県民ネット)、渡久地修氏(共産党)、大城一馬氏(社大党)の4人の県議と同実行委員会で行われ、糸数慶子参議院議員や照屋寛徳衆議院議員も応援に駆け付けた。3800人(主催者発表)の参加者らは、配布されたブルーを基調としたメッセージボードを掲げ、「新基地反対、建設やめよう」と声を上げた。



▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html