野党より「手ごわい」? 巨大与党、中山市長の壁に

与党議員の一般質問に答弁する中山市長=10日午後、市議会
与党議員の一般質問に答弁する中山市長=10日午後、市議会

 石垣市の中山義隆市長が市議会で、野党より「手ごわい」与党の壁に直面している。与党は9月の市議選で圧倒的多数の14議席を勝ち取ったが、改選後初の議会では中山市長が提示した副市長、教育委員の人事案件を拒否。一般質問では与党から市政を追及する特別委員会の設置を求める声が相次いだ。中山市政には「与党対策」が今後の大きな課題として突き付けられている。


 「与党が14議席取ったからといって、みんなうまく行くと思ったら大間違いだ」

 8日の市議会一般質問で、与党最年長の仲間均氏は、鋭い口調で市政を追及した。中山市長が人事案件を提案予定日の9月30日まで与党に提示しなかったという内幕まで暴露。「その日に出してきて、議員が割れるのは当たり前だ。もう少し大人にならないといけない」と根回しの不足に反省を求めた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html