カヌーでマングローブ探索 環境保全の大切さ学ぶ

石垣青少年の家主催のマングローブ探索が行われた。=13日午前、名蔵アンパル(提供写真)
石垣青少年の家主催のマングローブ探索が行われた。=13日午前、名蔵アンパル(提供写真)

県立石垣青少年の家(平良進所長)は13日午前、名蔵アンパルで感動体験プログラム「カヌー&マングローブ探検」を行い、小学校5年生以上の児童含む11人と関係者6人が参加。双眼鏡を手に一時間の探索を楽しんだ。


 今年2回めの開催となる同企画は普段足を踏み入れることが出来ないマングローグ林を間近に観察し、学習してもらう目的ではじめたもの。この日は満潮で、名蔵川の河口付近での探索となった。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html