地産地消に貢献  新たに2店舗登録 おきなわ食材の店

「おきなわ食材の店」に登録された(左から)「海人居酒屋 なつや」、「沖縄居酒家 石垣島」=17日午後、県八重山農林水産振興センター
「おきなわ食材の店」に登録された(左から)「海人居酒屋 なつや」、「沖縄居酒家 石垣島」=17日午後、県八重山農林水産振興センター

 「おきなわ食材の店」登録証交付式が17日、県八重山農林水産振興センターで行われ、「海人居酒屋 なつや」(遠藤政文店主)、「沖縄居酒家 石垣島」(池間顕市代表)の市内2店舗に玉城肇所長から登録証が贈られた。


 「おきなわ食材の店」とは、県産食材を積極的に活用する県内飲食店を登録することで、県産農林水産物を県民、観光客に理解推進を図り、地産地消を推進し、消費拡大に資することが目的。2008年度から実施し、今回で八重山地区は24店舗となる。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html