尖閣の遺骨収集を決議 与党「戦後処理の問題」 野党反対「非現実的」 市議会 政府に要請団派遣へ

尖閣列島戦時遭難者の遺骨収集などを求める要請決議の採決で、起立して賛成する与党=21日午後、議場
尖閣列島戦時遭難者の遺骨収集などを求める要請決議の採決で、起立して賛成する与党=21日午後、議場

 石垣市議会(知念辰憲議長)9月定例会の本会議が21日開かれ、議員提案の「尖閣列島戦時遭難事件」遭難者の遺骨収集などを求める要請決議を与党の賛成多数で可決した。提案者の伊良皆高信氏は「戦後処理の問題として遺骨を収集してほしい」と求めた。野党は「現実的ではない」などと反対し、与野党で賛否が分かれた。市議会は今後、議員団を直接政府に派遣して要請する。


 決議では政府に対し①犠牲者の遺骨を早急に収集するため、魚釣島への上陸許可と慰霊祭の援助を行う②尖閣列島戦時遭難事件の資料を収集し、資料館建設などの慰謝事業を行う―ことを求めている。あて先は首相、内閣官房長官、外相、国土交通相など。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html