田中貴、巨人が指名 八商工から3人目のプロへ 育成枠ドラフト

 23日のプロ野球ドラフト会議で、読売ジャイアンツが山梨学院大の捕手、田中貴也(八重山商工出身)を育成選手として指名した。入団が決定した場合、八重山商工高校出身者から大嶺祐太、翔太につづく3人目のプロ野球選手が誕生することになる。


 育成選手とは、球団の支配下登録を目指し、野球技能の錬成向上およびマナー養成を目的とした選手のこと。出場できる公式戦は2軍の試合に限られており、1試合に5人までとなっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html