普天間の無条件閉鎖を 喜納氏が政策発表

政策発表を行う喜納氏
政策発表を行う喜納氏

 30日に告示、11月16日に投開票が行われる県知事選挙に出馬する元参議院議員の喜納昌吉氏(66)が28日午後、那覇市内の事務所で政策発表を行った。喜納氏は「物事をすっきりさせるために出馬する。ほかの候補者が知事になれば、辺野古埋め立て工事は止まらない」と強調。また普天間基地問題は嘉手納基地への統合に一定の理解を示しつつ、「無条件閉鎖を主張し日米両政府との交渉に臨む」とした。尖閣問題は「国有化」で緊張が高まったとし、日中での国際共同開発・管理を目指す。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html