きょう告示 4氏激戦へ 八重山は離島振興に関心集中 県知事選

 県知事選はきょう30日告示、11月16日投開票される。現職で3期目を目指す仲井真弘多氏(75)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)が立候補を表明している。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設や沖縄振興策などが主な争点。八重山では普天間飛行場移設問題に対する関心は低く、有権者の関心は離島振興策に集中している。


 告示日の30日、仲井真氏は午前8時半から選対事務所で第一声を放つ。翁長氏は午前8時から出発式を開いたあと、辺野古に向かう。下地氏は午前10時からパレットくもじ前で演説。喜納氏は久高島から選挙戦をスタートさせる。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html