知事選告示 4氏立候補 基地、経済など争点に 来月16日投開票、辺野古影響も

 任期満了に伴う沖縄県知事選は30日告示され、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)、3選を目指す現職の仲井真弘多氏(75)=自民推薦が立候補した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設や沖縄振興策などを争点に、11月16日の投開票に向け、激しい選挙戦が展開される。

 普天間飛行場移設問題では、安倍政権は結果にかかわらず移設を推進する方針だが、有権者が下す審判は移設計画の進め方や今後の日米関係に影響を与える可能性もある。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html