与那国の人口減少続く 7ヵ月連続ワースト3 活性化が喫緊の課題に

人口減少が最大の課題となっている与那国町(写真は祖納地区)=2010年撮影
人口減少が最大の課題となっている与那国町(写真は祖納地区)=2010年撮影

 与那国町で人口の減少傾向が続いている。県が毎月発表している人口推計では、対前年同月比の人口減少率が4月から7カ月連続して全市町村のワースト3に入った。町をいかに活性化させ、人口減少に歯止めを掛けるかが今後とも町政の喫緊の課題になりそうだ。


 与那国町の対前年同月比の人口減少率は4月以降、3・19%から2・31%の間で推移。全市町村の中で人口減少率の順位は4月3位、5月~8月1位、9月2位、10月3位で、県内でも過疎化が際立つ町になっている。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html