明石住民は「高台移転」 地域意見交換会がスタート 市庁舎移転

明石地区で開かれた地域意見交換会=4日夜、同公民館
明石地区で開かれた地域意見交換会=4日夜、同公民館

 石垣市は、新庁舎建設のあり方について各地域の住民の意見を聞く「地域意見交換会」を4日夜、明石公民館を皮切りにスタートさせた。住民約20人が参加し、建設位置について発言した全員が「いつかは明和大津波のような津波が来る可能性もある。高台に建設したほうがいい」などと高台移転を求めた。地域意見交換会は11日までに5回開催される。

 参加者の1人は「八重山では過去に明和大津波があったので、高台に建設したほうがいい。いくら高層ビルを作っても、埋立地なので傾いたりするかも知れない。(市役所移転後、周辺が)空洞化にならないよう、人が集まる施設を行政で建設すれば(現在地の)美崎町の皆さんも賛成するのではないか」と指摘した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html