ニンニクカズラ賑やかに 伊野田地区

 ニンニクカズラが6日、市内伊野田地区で青紫色の小花を咲かせ、集落に彩を添えている=写真。

 ニンニクカズラは熱帯アメリカ原産のノウゼンカズラ科の小低木。葉や花を揉むとニンニク臭がすることが、名前の由来だといわれている。写真を撮影した平良八重子さんは「賑やかで綺麗な花。髪飾りにしたい」と話した。