翁長陣営に「配備反対論」 自衛隊問題も焦点に

 知事選で、与那国島や石垣島への自衛隊配備の是非が焦点の一つに浮上している。5日に開かれた前那覇市長、翁長雄志氏の八重山地区総決起集会では、弁士から配備に反対する声が相次いだ。八重山日報社のインタビューでは、翁長氏は配備に対する考えを明確にしていないが、現職、仲井真弘多氏と元郵政民営化担当相の下地幹郎氏は賛成、元参院議員の喜納昌吉氏は反対の考えを示している。


 翁長氏の総決起集会で与那国町議の田里千代基氏は、与那国島で進む陸上自衛隊駐屯地の建設について「町長が与党とグルになり、既成事実を進めている。民主主義社会であってはならないこと」と激しく非難。与那国島の現状は、米軍普天間飛行場の移設先先となっている「辺野古と同じだ」と指摘し「外間守吉町長の悪政を倒し、町民の政治を取り戻そう」と呼び掛けた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html