「沖縄、八重山に大きな役割」 東アジア共同体構築に期待 鳩山元首相

講演する鳩山元首相(9日夜)
講演する鳩山元首相(9日夜)

 鳩山由紀夫元首相が9日、講演のため訪れた石垣市内のホテルで記者会見し「東アジア共同体」の構築に向けて「沖縄、八重山、石垣の役割は極めて大きい」と期待感を示した。理由として、沖縄が台湾や中国と地理的に近いこと、歴史的にも中国との交流が深いことなどを挙げた。


 鳩山氏は東アジア共同体実現を持論としており、自ら東アジア共同体研究所を設立、理事長を務めている。

 共同体構築へ日本が取るべき進路として「軍事力ではなく、外交力によって大きな役割を果たすべきだ。軍事力を下げることによって、他国も互いに軍事力を抑えていく発想になり得る」と指摘した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html