きょう有権者の審判 辺野古移設に影響 八重山振興の行方も左右 県知事選

 第12回県知事選は16日投開票される。元郵政民営化担当相、下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)の新人3人と、3選を目指す現職、仲井真弘多氏(75)=自民、次世代の党推薦=が激戦を展開。米軍普天間飛行場移設問題を最大の争点に、沖縄の経済振興や福祉政策などで論戦した。選挙結果は、政府が進める普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画にも大きな影響を与えそうだ。八重山振興の行方も左右する。

 選挙戦最終日の15日には、候補者が各地で最後の訴えに声をからした。夜には4陣営とも打ち上げを行い、必勝を期して気勢を上げた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html