水不足 依然続く 断続的な雨、干ばつ解消できず 20日から夜間断水

真栄里ダムの貯水率は38%まで減少している=17日午前
真栄里ダムの貯水率は38%まで減少している=17日午前

 8月から少雨傾向が続く八重山地方では、15日から断続的に雨が降っているが、まとまった降水量にはなっていない。17日午後5時現在、真栄里ダムの貯水率は38・6%まで減少。夜間断水を20日から実施する石垣市、一部地域で夜間断水、減圧給水を実施している竹富町では引き続き、節水を呼びかけている。


 気象庁によると、15日は石垣市川平で5・5㍉、西表島で3・5㍉、16日は登野城と真栄里で12・5㍉、盛山で8・5㍉、伊原間で3㍉、川平で27㍉、西表島で2㍉、西表島大原で7㍉、波照間島で13㍉、波照間島志多阿原で16㍉を観測した。

 17日も気圧の谷の影響で雨が断続的に降り、同日午後6時現在で登野城12㍉、盛山10㍉、伊原間9㍉、川平13㍉、西表島9㍉、大原5㍉、波照間島8・5㍉、志多阿原8㍉の降水量を観測している。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html