辺野古阻止へ知事権限行使 「県益と国益矛盾せず」 初当選の翁長氏が抱負

当選から一夜明け、報道陣のインタビューを受ける翁長氏=17日朝、那覇市の自宅
当選から一夜明け、報道陣のインタビューを受ける翁長氏=17日朝、那覇市の自宅

 県知事選で初当選した翁長雄志氏(64)は当選から一夜明けた17日朝、那覇市の自宅で報道陣の取材に応じた。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設阻止について「知事権限をしっかりと行使していく。(辺野古沿岸部埋め立て承認の)撤回を視野に入れて動きたい」と強調。「県益と国益は矛盾はしない。国のほうで包容力を持ってやってほしい」と要望した。

 記者との一問一答は次の通り。

 ―一夜明け、新聞を見てどう感じたか。

 「責任感だ。これから新たなスタートが始まるという感じだ」

 ―政府は、辺野古は粛々とという構えを見せているが。

 「県民の民意をしっかりと内外へ伝える。一つは知事権限をしっかりと行使していく。(埋め立て承認の)撤回を視野に入れて、動きたい」

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html