中華航空が冬季運休へ 市長ら運航継続要請 臨時便でイベント対応も

中華航空と石垣市が冬季運航の休止をめぐって協議した=24日、台北(市提供)
中華航空と石垣市が冬季運航の休止をめぐって協議した=24日、台北(市提供)

 台湾台北と石垣間で定期便を運航している中華航空(チャイナエアライン)が12月3日から来年3月までの冬季運航を休止する方向で検討していることが分かった。当初は冬季も含め通年運航の予定だったが、搭乗率の低迷で見直しを余儀なくされた。中山義隆市長、高嶺良晴観光交流協会会長らは24日、台北の中華航空本社を訪れ、運航継続を要請。運休した場合でも、石垣島マラソンなど、主要イベントに合わせた臨時便を運航するよう求めた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html