難関突破 86人が晴れ舞台 格調高い独唱や斉唱 古典音楽コンクール

八重山古典音楽コンクール発表会の冒頭で「鷲ぬ鳥節」を斉唱する合格者たち=29日夜、石垣市民会館大ホール
八重山古典音楽コンクール発表会の冒頭で「鷲ぬ鳥節」を斉唱する合格者たち=29日夜、石垣市民会館大ホール

 第37回八重山古典音楽コンクール発表会(主催・八重山古典音楽協会、後援・八重山広域市町村圏事務組合、八重山日報社)が29日、石垣市民会館大ホールで開かれ、三線、筝曲、笛、太鼓の各部門で難関を突破した合格者たち86人が晴れの舞台を踏んだ。独唱や斉唱などが格調高く繰り広げられ、会場に詰め掛けた多数の聴衆は合格者の熱演に惜しみない拍手を送った。


 発表会は受賞者全員による「鷲ぬ鳥節」で幕開け。新人賞受賞者全員の「鶴亀節」斉唱、笛新人賞受賞者の合奏と独奏が続いた。



▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html