仲里、西銘氏が第一声 基地、経済テーマに激戦 6、7日に総決起大会 衆院選

 第47回衆院選が2日公示され、八重山を含む沖縄4区には新人の前県議会議長、仲里利信氏(77)、前職の西銘恒三郎氏(60)=自民公認、公明推薦が立候補、2氏の一騎打ちが確定した。南風原町での第一声で仲里氏は米軍普天間飛行場の辺野古移設反対、西銘氏はアベノミクス効果による景気回復などを訴えた。自公対反自公の構図で、激しい選挙戦が展開される。投開票は14日(竹富町は13日)。

 仲里氏、西銘氏は2日午前、いずれも南風原町の交差点で出発式、出陣式を開き、支持者を集めて気勢を上げた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html