「オール沖縄は崩壊」 中山市長、辺野古移設容認 普天間問題

 8日の市議会一般質問で中山義隆市長は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する勢力が主張する「オール沖縄」での反対運動について「崩れている」との見方を示し、前津究氏と激しい論戦を展開した。県知事選で辺野古移設に反対する翁長雄志氏が勝利したことについて「結果がそうなったからといって、県内の政治家がすべて方向転換しないといけないということは当たらない」と述べ、辺野古移設を容認する姿勢を改めて示した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html