﨑山陽一郎さんを功労表彰 野鳥保護の基礎築く

永年の野鳥保護活動が表彰され喜ぶ﨑山陽一郎さんと多津美夫人=19日午前
永年の野鳥保護活動が表彰され喜ぶ﨑山陽一郎さんと多津美夫人=19日午前

 今年創立80年を迎えた日本野鳥の会(柳生博会長)は、八重山の野鳥保護の基礎を築いた功績を称え同石垣島支部(宮良祐成支部長)顧問の﨑山陽一郎さん(78)に功労賞を贈った。19日午前、環境省国際サンゴモニタリングセンター(市内八島町)で表彰伝達式が行われ、﨑山さんは「(野鳥保護を通して)自然が増えることは楽しいこと。今後も同会の活動を側面から支援したい」と喜びと抱負を語った。

 同石垣島支部は1972年、沖縄本土復帰の年に八重山野鳥の会として発足。﨑山さんは発足当初から副会長を務め、1992年から2008年まで会長として活動。野鳥保護の立場から自然保護活動や環境教育に積極的に関わり、渡り鳥の休息地として名蔵アンパルのラムサール条約登録に向けて道筋をつけ、カンムリワシ生息数調査にも深く関わった。09年からは顧問として同支部の活動を支える八重山の野鳥保護の草分け的な存在。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html