八重山商工野球部を…

 八重山商工野球部を甲子園に導いた伊志嶺吉盛監督の「派遣事業」が今年度で終了する。同事業は2003年、「八重山から甲子園に」という市民の気運盛り上がりを受け、当時の大浜長照市長が決断。少年野球の指導者だった伊志嶺氏を地元高校に派遣し、月々の謝礼を市が負担するというものだった◆当初は監督の厳しい指導について行けず、部員が次々と脱落。一時はついに3人だけという事態に陥った。当時、最後まで頑張り、野球部を存続させた部員たちは、のちの甲子園出場の隠れた功労者だろう◆伊志嶺監督が少年野球で指導した大嶺祐太選手らが入部し、ようやく同校は実力を発揮。06年に県内離島初となる春夏連続甲子園出場を果たす◆あれから8年。甲子園出場がいかに難事かを考えれば、再々出場が果たせない現状を一概に責められない。当時に比べると市民の気運も薄れてしまった。派遣事業の終了も、やむを得ない面があった。市民の税金が投入されている以上、結果が出ないのに10年も事業を継続することは不可能だろう◆しかし8年前にまかれた種は、まだ芽を出す可能性を残している。伊志嶺監督は今後も指導を継続するからだ。派遣事業の終了を奮起の材料に、3度目の甲子園に向けた「再起動」を果たしてほしい。