2015年

2月

28日

八商工、進路決定率100% 「生徒の意識高い」と強調

卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校
卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校

 八重山商工高校(真栄田義功校長)の3年生145人全員が3月の卒業を前に進学、就職を決め、進路決定率100%を達成した。卒業前に全員の進路が決定することはまれで、同校では「県内でもトップ」と喜んでいる。
 進学は65人(大学21人、短期大学6人、専門学校38人)、就職は80人(県内18人、県外62人)。
 同校ではここ数年、進学決定率、就職決定率ともに100%を達成しているが、生徒全員が卒業前に決定することは初めてだという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

あす3高校卒業式 花文字ではなむけの言葉 八重農

卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校
卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校

 県立高校の卒業式が3月1日、各地で一斉に行われる。八重山農林高校(渡久山修校長)では27日、2年生を中心に卒業式会場の体育館の装飾が行われた。このうち、ライフスキル科の2年生たちは、卒業生へのはなむけの言葉を花文字で制作するため、準備に取り組んだ。花文字は卒業式当日に披露される。

 生徒たちは花文字の制作のため、昨年12月にマリーゴールドとアルテルナンテラの播種を行い、大切に育ててきた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

「ひなまつり楽しんで」 園児に桃の花贈呈 JTA

桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園
桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園

3月の桃の節句にちなみ、JTA(日本トランスオーシャン航空)八重山支社名渡山秋彦支社長から、ひまわり保育園に西大寺=岡山県岡山市=の桃の花2束が贈られた。27日、同園で行われた贈呈式で、園児たちは「きれいなお花をありがとう」とお礼を述べ、花束を受け取った。
 同イベントは岡山県と沖縄県の交流を深めようと1996年から行われており、今年は西大寺観光協会(=岡山県=岡崎俊男会長)から、県に桃の花700本が提供された。石垣島にも33束、27カ所の施設、団体に贈呈される。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

「最大規模」の海保に 巡視船10隻で尖閣警備 石垣 保安官300人増員へ

 政府は2015年度までに、尖閣諸島(石垣市登野城)の警備に専従する巡視船を計10隻体制とするほか、石垣海上保安部の海上保安官を約300人増員する予定。同保安部所属の巡視船は計13隻、海上保安官は計約700人に達し「全国でも最大規模」(同保安部管理課)の海保となる。中国も尖閣周辺海域で海警局の船を常時航行させており、新造の巡視船を今春にも尖閣海域へ投入する可能性があると報道されている。今後も尖閣海域で日中両国が厳しく対峙する状況が続きそうだ。


 同保安部は14年度に、尖閣警備に専従する新造の巡視船「たけとみ」「なぐら」「かびら」の3隻を配備した。3月末までには、新たに「ざんぱ」が加わり、計4隻になる。


 15年度はさらに新造の巡視船6隻を配備し、尖閣警備に専従する巡視船は計10隻体制となる。巡視船の建造費は1隻当たり約57億円。政府は尖閣周辺海域で中国公船「海警」の航行が常態化している状況を踏まえ、大型予算を投じて急ピッチで建造を進めている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

北海道の雪に大はしゃぎ 自衛隊が園児にプレゼント

初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ
初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ

 「沖縄の子どもたちに、雪を体験させてあげたい」との想いで、陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は26日、市内新川のどんぐりの学童クラブ(瀬長政子施設長)へ北海道の雪を約60㌔贈った。同学童クラブに通う園児50人がひと時の雪遊びを楽しんだ。

 陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は、1990年から陸上自衛隊那覇駐屯地曹友会へ雪を贈り、県内の子どもたちへ雪を届けている。八重山地区では2012年から毎年、雪が贈られているという。

 この日、自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所の裏出貴信所長らが学童クラブを訪れ、雪を手渡した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

八商工、進路決定率100% 「生徒の意識高い」と強調

卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校
卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校

 八重山商工高校(真栄田義功校長)の3年生145人全員が3月の卒業を前に進学、就職を決め、進路決定率100%を達成した。卒業前に全員の進路が決定することはまれで、同校では「県内でもトップ」と喜んでいる。
 進学は65人(大学21人、短期大学6人、専門学校38人)、就職は80人(県内18人、県外62人)。
 同校ではここ数年、進学決定率、就職決定率ともに100%を達成しているが、生徒全員が卒業前に決定することは初めてだという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

あす3高校卒業式 花文字ではなむけの言葉 八重農

卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校
卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校

 県立高校の卒業式が3月1日、各地で一斉に行われる。八重山農林高校(渡久山修校長)では27日、2年生を中心に卒業式会場の体育館の装飾が行われた。このうち、ライフスキル科の2年生たちは、卒業生へのはなむけの言葉を花文字で制作するため、準備に取り組んだ。花文字は卒業式当日に披露される。

 生徒たちは花文字の制作のため、昨年12月にマリーゴールドとアルテルナンテラの播種を行い、大切に育ててきた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

「ひなまつり楽しんで」 園児に桃の花贈呈 JTA

桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園
桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園

3月の桃の節句にちなみ、JTA(日本トランスオーシャン航空)八重山支社名渡山秋彦支社長から、ひまわり保育園に西大寺=岡山県岡山市=の桃の花2束が贈られた。27日、同園で行われた贈呈式で、園児たちは「きれいなお花をありがとう」とお礼を述べ、花束を受け取った。
 同イベントは岡山県と沖縄県の交流を深めようと1996年から行われており、今年は西大寺観光協会(=岡山県=岡崎俊男会長)から、県に桃の花700本が提供された。石垣島にも33束、27カ所の施設、団体に贈呈される。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

「最大規模」の海保に 巡視船10隻で尖閣警備 石垣 保安官300人増員へ

 政府は2015年度までに、尖閣諸島(石垣市登野城)の警備に専従する巡視船を計10隻体制とするほか、石垣海上保安部の海上保安官を約300人増員する予定。同保安部所属の巡視船は計13隻、海上保安官は計約700人に達し「全国でも最大規模」(同保安部管理課)の海保となる。中国も尖閣周辺海域で海警局の船を常時航行させており、新造の巡視船を今春にも尖閣海域へ投入する可能性があると報道されている。今後も尖閣海域で日中両国が厳しく対峙する状況が続きそうだ。


 同保安部は14年度に、尖閣警備に専従する新造の巡視船「たけとみ」「なぐら」「かびら」の3隻を配備した。3月末までには、新たに「ざんぱ」が加わり、計4隻になる。


 15年度はさらに新造の巡視船6隻を配備し、尖閣警備に専従する巡視船は計10隻体制となる。巡視船の建造費は1隻当たり約57億円。政府は尖閣周辺海域で中国公船「海警」の航行が常態化している状況を踏まえ、大型予算を投じて急ピッチで建造を進めている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

北海道の雪に大はしゃぎ 自衛隊が園児にプレゼント

初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ
初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ

 「沖縄の子どもたちに、雪を体験させてあげたい」との想いで、陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は26日、市内新川のどんぐりの学童クラブ(瀬長政子施設長)へ北海道の雪を約60㌔贈った。同学童クラブに通う園児50人がひと時の雪遊びを楽しんだ。

 陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は、1990年から陸上自衛隊那覇駐屯地曹友会へ雪を贈り、県内の子どもたちへ雪を届けている。八重山地区では2012年から毎年、雪が贈られているという。

 この日、自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所の裏出貴信所長らが学童クラブを訪れ、雪を手渡した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2018年

9月

25日

職員募集のお知らせ

 ■採用情報

 

 職種:編集部記者、制作部

 

 年齢:35歳位まで

 

 学歴:大卒以上

 

 資格:普通自動車運転免許【必須】

 

 就業時間:記者 09:0019:00(内120分休憩時間有り)、制作 16:0025:00(内60分休憩時間有り)

 

 時間外勤務:あり(月平均10時間)

 

 給与:基本給 170,000円+能力給

 

 休日:シフト制(応相談)

 

 加入保険:雇用、労災、健康、厚生

 

 就業場所:沖縄県石垣市

 

 業務内容:

 

 ◇政治、経済、国際問題、社会、生活、教育、文化、スポーツなどあらゆる分野を対象とした取材業務(記者)

 

 ◇記事作成後の固有名詞や数字の確認、見出し、写真説明などの校閲

 

 ◇その他付随する業務

 

 ※PC操作(ワード・エクセル)操作できる方

 

 採用人数:若干名

 

続きを読む

2018年

9月

25日

韓国の文在寅大統領は…

 韓国の文在寅大統領は、一線を越えたのではないかと不安になる。北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長とともに北朝鮮「革命の聖地」とされる白頭山(ペクトゥサン)を訪れ「ずっと実現しなかった夢がかなった」などと喜んで見せたのだ◆北朝鮮による独裁体制の犠牲になった人たちは、日本人拉致被害者を含めて数知れない。民主主義の擁護者であるべき韓国大統領が、独裁体制を象徴する地ではしゃぐ姿を、世界はどのように見るだろうか◆文大統領は金委員長と南北首脳会談を重ねるなど、北朝鮮に対する融和政策を積極的に推進している。しかし北朝鮮が非核化に前向きな姿勢を見せたのは、文大統領の笑顔にほだされたからではない。トランプ米大統領が、北朝鮮の「完全な破壊」にまで言及し、軍事力をちらつかせて譲歩を迫ったからだ◆米国も最近は北朝鮮に対する太陽政策に傾いているように見えるが、背後には常に軍事力の行使という選択肢がある。ひたすら友好ムードに徹し、北朝鮮の宣伝に利用されかねないレベルまで踏み込んだ文氏との決定的な違いだ◆金氏と満面の笑みで握手する文氏の姿を見ていて思い浮かぶキーワードは「平和」ではなく「軟弱」だ。弱いリーダーが演出する平和が、砂上の楼閣でないよう願うばかりだ。

 

続きを読む

2018年

9月

25日

所得向上 求められる指導力 

 知事選で争点の一つになっているのが全国一低い県民所得の問題だ。全国の2倍超とされる子どもの貧困問題や高い離婚率など、沖縄が抱えるさまざまなトラブルが、所得水準の低さに起因する可能性がある。2015年度の1人当たり県民所得は全国平均の319万円より100万円以上低い216万6千円にとどまっている。
 経済政策について佐喜真淳氏(54)は「県民所得を300万円に引き上げ、子どもの貧困を撲滅する」、玉城デニー氏(58)は「アジアのダイナミズムを取り入れ、誇りある豊かさを実現する」と主張している。新知事には、県民所得向上に向けた強い指導力の発揮が求められる。
 所得向上を阻んでいる要因としては、広大な米軍基地の存在や、高い輸送コストなど離島県ならではの地理的不利性が挙げられようが、見逃してならないのは、子どもの学力が全国最低水準にとどまっていることだ。
 学力が低いと、子どもの将来の選択肢は限られてしまう。一般的に、高収入の仕事に就けるかどうかが学歴に左右されるのも歴然たる事実である。
 首都圏や大都市と異なり、沖縄には観光と農業以外にこれといった基幹産業がない。新たな産業を興して稼いでいくためには、地元に定着する優秀な人材が欠かせない。全国一低い所得と、全国一低い学力には相関関係があると見ていいだろう。
 残念なのは、沖縄では教育行政、学校現場、民間ともに学力低迷問題に対する危機感が薄いように感じられることだ。全国学力テストは地域間、学校間の学力の順位付けを可能にするが、県は「過度な競争をあおる」などとして順位の公表には消極的だ。単に全国最下位を脱出するだけでなく、全国トップクラスを目指す気概がなければ成績は向上しない。しかし、県からはそのような意気込みがなかなか感じられない。現状の打開には強力なリーダーシップが必要だろう。
 内閣府の調査では、15年度の県内総生産は4兆1400億円で、前年比の伸び率は全国平均の3・1%を上回る4・7%だった。経済は好調に見えるが、実態は観光産業に依存している面が大きい。
 県によると17年の観光客は過去最高の約940万人。観光客の伸びを下支えする外国人旅行者の約80%超はアジアからの訪問者だという。しかし中国人観光客は日中関係の状況により、中国政府にコントロールされる傾向があるとされ、水物と言わざるを得ない。県が沖縄の魅力を積極的に発信し、米国や欧州も含めた新たな客層を開拓することが求められる。
 県によると、付加価値の高い製造業比率は全産業の4%と全国最低の一方、非正規雇用の多いサービス業が全国2位の約85%を占める。一方で労働現場での人手不足も深刻化している。
 現行の沖縄振興計画は2021年度で期限切れとなり、安倍政権が仲井真弘多前知事に約束した沖縄振興予算の年間3千億円台も同年度までとなる。それまでに、経済的自立に向け、どこまで沖縄の足腰を強くできるのか、新知事の手腕が問われる。
 沖縄の経済界は、22年度以降も新たな沖縄振興計画が必要との認識で一致している。新知事は政府との交渉役だ。単に任期中の4年間にとどまらず、向こう10年を見据えた沖縄の未来像を政府や県民に提示しなくてはならない。その意味では前任者以上の重責を担う。基地問題だけが争点でないのは明白だ。

 

続きを読む

2018年

9月

25日

所得向上や基地問題訴え 連休最終日、候補声枯らす 知事選

 県知事選は告示期間中の連休最終日の24日も、各候補が客でにぎわう商業施設の周辺などで支持を呼び掛けた。前宜野湾市長、佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新推薦=と前衆院議員玉城デニー氏(58)は、県民所得の向上や、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の返還などを巡り、持論を展開した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

八重山版― http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo

沖縄本島版― http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban

続きを読む

2018年

9月

25日

ご当地アイドル誕生 石垣島の魅力全国へ ゆい☆イシガキ

「ゆい☆イシガキ88!」のお披露目会見が開かれた=24日午前、ゆいロードシアター
「ゆい☆イシガキ88!」のお披露目会見が開かれた=24日午前、ゆいロードシアター

 石垣島ご当地アイドル結成プロジェクトが企画した「ゆい☆イシガキ88!(パチパチ)」の会見(主催・島の未来応援プロジェクト)が24日、市内のゆいロードシアターで開かれ、ご当地アイドルがお披露目された。メンバーの中村百さん(高校1年)は、「大きなグループにして石垣島のことを広めていきたい」と、集まった市民らを前に決意した。

 同グループは、解散した石垣市消防本部のアイドル「AED48isg」のメンバー4人を中心に、オーディションを経て1期生メンバーを決定。AED48isgのAEDの普及活動を継承するほか、地域の商業イベントにも積極的に参加する予定。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

八重山版― http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo

沖縄本島版― http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban

続きを読む