2015年

2月

28日

八商工、進路決定率100% 「生徒の意識高い」と強調

卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校
卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校

 八重山商工高校(真栄田義功校長)の3年生145人全員が3月の卒業を前に進学、就職を決め、進路決定率100%を達成した。卒業前に全員の進路が決定することはまれで、同校では「県内でもトップ」と喜んでいる。
 進学は65人(大学21人、短期大学6人、専門学校38人)、就職は80人(県内18人、県外62人)。
 同校ではここ数年、進学決定率、就職決定率ともに100%を達成しているが、生徒全員が卒業前に決定することは初めてだという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

あす3高校卒業式 花文字ではなむけの言葉 八重農

卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校
卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校

 県立高校の卒業式が3月1日、各地で一斉に行われる。八重山農林高校(渡久山修校長)では27日、2年生を中心に卒業式会場の体育館の装飾が行われた。このうち、ライフスキル科の2年生たちは、卒業生へのはなむけの言葉を花文字で制作するため、準備に取り組んだ。花文字は卒業式当日に披露される。

 生徒たちは花文字の制作のため、昨年12月にマリーゴールドとアルテルナンテラの播種を行い、大切に育ててきた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

「ひなまつり楽しんで」 園児に桃の花贈呈 JTA

桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園
桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園

3月の桃の節句にちなみ、JTA(日本トランスオーシャン航空)八重山支社名渡山秋彦支社長から、ひまわり保育園に西大寺=岡山県岡山市=の桃の花2束が贈られた。27日、同園で行われた贈呈式で、園児たちは「きれいなお花をありがとう」とお礼を述べ、花束を受け取った。
 同イベントは岡山県と沖縄県の交流を深めようと1996年から行われており、今年は西大寺観光協会(=岡山県=岡崎俊男会長)から、県に桃の花700本が提供された。石垣島にも33束、27カ所の施設、団体に贈呈される。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

「最大規模」の海保に 巡視船10隻で尖閣警備 石垣 保安官300人増員へ

 政府は2015年度までに、尖閣諸島(石垣市登野城)の警備に専従する巡視船を計10隻体制とするほか、石垣海上保安部の海上保安官を約300人増員する予定。同保安部所属の巡視船は計13隻、海上保安官は計約700人に達し「全国でも最大規模」(同保安部管理課)の海保となる。中国も尖閣周辺海域で海警局の船を常時航行させており、新造の巡視船を今春にも尖閣海域へ投入する可能性があると報道されている。今後も尖閣海域で日中両国が厳しく対峙する状況が続きそうだ。


 同保安部は14年度に、尖閣警備に専従する新造の巡視船「たけとみ」「なぐら」「かびら」の3隻を配備した。3月末までには、新たに「ざんぱ」が加わり、計4隻になる。


 15年度はさらに新造の巡視船6隻を配備し、尖閣警備に専従する巡視船は計10隻体制となる。巡視船の建造費は1隻当たり約57億円。政府は尖閣周辺海域で中国公船「海警」の航行が常態化している状況を踏まえ、大型予算を投じて急ピッチで建造を進めている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

北海道の雪に大はしゃぎ 自衛隊が園児にプレゼント

初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ
初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ

 「沖縄の子どもたちに、雪を体験させてあげたい」との想いで、陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は26日、市内新川のどんぐりの学童クラブ(瀬長政子施設長)へ北海道の雪を約60㌔贈った。同学童クラブに通う園児50人がひと時の雪遊びを楽しんだ。

 陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は、1990年から陸上自衛隊那覇駐屯地曹友会へ雪を贈り、県内の子どもたちへ雪を届けている。八重山地区では2012年から毎年、雪が贈られているという。

 この日、自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所の裏出貴信所長らが学童クラブを訪れ、雪を手渡した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

八商工、進路決定率100% 「生徒の意識高い」と強調

卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校
卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校

 八重山商工高校(真栄田義功校長)の3年生145人全員が3月の卒業を前に進学、就職を決め、進路決定率100%を達成した。卒業前に全員の進路が決定することはまれで、同校では「県内でもトップ」と喜んでいる。
 進学は65人(大学21人、短期大学6人、専門学校38人)、就職は80人(県内18人、県外62人)。
 同校ではここ数年、進学決定率、就職決定率ともに100%を達成しているが、生徒全員が卒業前に決定することは初めてだという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

あす3高校卒業式 花文字ではなむけの言葉 八重農

卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校
卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校

 県立高校の卒業式が3月1日、各地で一斉に行われる。八重山農林高校(渡久山修校長)では27日、2年生を中心に卒業式会場の体育館の装飾が行われた。このうち、ライフスキル科の2年生たちは、卒業生へのはなむけの言葉を花文字で制作するため、準備に取り組んだ。花文字は卒業式当日に披露される。

 生徒たちは花文字の制作のため、昨年12月にマリーゴールドとアルテルナンテラの播種を行い、大切に育ててきた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

「ひなまつり楽しんで」 園児に桃の花贈呈 JTA

桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園
桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園

3月の桃の節句にちなみ、JTA(日本トランスオーシャン航空)八重山支社名渡山秋彦支社長から、ひまわり保育園に西大寺=岡山県岡山市=の桃の花2束が贈られた。27日、同園で行われた贈呈式で、園児たちは「きれいなお花をありがとう」とお礼を述べ、花束を受け取った。
 同イベントは岡山県と沖縄県の交流を深めようと1996年から行われており、今年は西大寺観光協会(=岡山県=岡崎俊男会長)から、県に桃の花700本が提供された。石垣島にも33束、27カ所の施設、団体に贈呈される。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

「最大規模」の海保に 巡視船10隻で尖閣警備 石垣 保安官300人増員へ

 政府は2015年度までに、尖閣諸島(石垣市登野城)の警備に専従する巡視船を計10隻体制とするほか、石垣海上保安部の海上保安官を約300人増員する予定。同保安部所属の巡視船は計13隻、海上保安官は計約700人に達し「全国でも最大規模」(同保安部管理課)の海保となる。中国も尖閣周辺海域で海警局の船を常時航行させており、新造の巡視船を今春にも尖閣海域へ投入する可能性があると報道されている。今後も尖閣海域で日中両国が厳しく対峙する状況が続きそうだ。


 同保安部は14年度に、尖閣警備に専従する新造の巡視船「たけとみ」「なぐら」「かびら」の3隻を配備した。3月末までには、新たに「ざんぱ」が加わり、計4隻になる。


 15年度はさらに新造の巡視船6隻を配備し、尖閣警備に専従する巡視船は計10隻体制となる。巡視船の建造費は1隻当たり約57億円。政府は尖閣周辺海域で中国公船「海警」の航行が常態化している状況を踏まえ、大型予算を投じて急ピッチで建造を進めている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

北海道の雪に大はしゃぎ 自衛隊が園児にプレゼント

初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ
初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ

 「沖縄の子どもたちに、雪を体験させてあげたい」との想いで、陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は26日、市内新川のどんぐりの学童クラブ(瀬長政子施設長)へ北海道の雪を約60㌔贈った。同学童クラブに通う園児50人がひと時の雪遊びを楽しんだ。

 陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は、1990年から陸上自衛隊那覇駐屯地曹友会へ雪を贈り、県内の子どもたちへ雪を届けている。八重山地区では2012年から毎年、雪が贈られているという。

 この日、自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所の裏出貴信所長らが学童クラブを訪れ、雪を手渡した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2017年

4月

30日

埋め立て着手に抗議 辺野古で大規模抗議集会

ガンバロー三唱で辺野古移設阻止を誓う参加者=29日午前、米軍キャンプ・シュワブ前
ガンバロー三唱で辺野古移設阻止を誓う参加者=29日午前、米軍キャンプ・シュワブ前

 【名護市】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する「辺野古新基地建設阻止!共謀罪廃案!4・28屈辱の日を忘れない県民集会」(主催・同実行委員会)が29日、移設先の米軍キャンプ・シュワブゲート前で開かれ、反対派多数が参加した。辺野古沿岸の埋め立て工事着手後、初の大規模抗議集会。うるま市で発生した米軍属による女性暴行殺害事件にも抗議した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

4月

30日

ヨットで国際交流へ 親子ら台湾へ出発

見送りを受け、ヨットで台湾に出発するヴァイズベルク歩華さんら=29日午後、石垣漁港
見送りを受け、ヨットで台湾に出発するヴァイズベルク歩華さんら=29日午後、石垣漁港

 石垣ジュニアヨットクラブの前田博代表(63)と、ヴァイスベルク・トーマスさん(38)、歩華さん(10)親子は29日午後、前田さん所有のヨット「YAIMA号」で台湾・蘇澳鎮へ向け国際交流の旅に出発した。YAIMA号は5月1日午前、台湾に到着する予定。

 前田さんは過去2回、高校生を対象に台湾ヨット航海を行っているが、小学生を乗船させるのは初めて。一行は5月3日、飛行機で移動するメンバー18人と台湾で合流し、陳金麟鎮長(市長)への表敬訪問や、現地小学校セーリングクラブとの交流を行う。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

4月

30日

新たなリゾート「ならぬ」 決起集会に140人 竹富島

リゾート建設阻止に向け、「守ろう」と三唱する竹富島の島民=28日夜、竹富島まちなみ館
リゾート建設阻止に向け、「守ろう」と三唱する竹富島の島民=28日夜、竹富島まちなみ館

 「(仮称)竹富島コンドイビーチリゾートホテル事業計画」対策委員会(水野景敬委員長)は28日夜、同ホテルの建設に反対する決起集会を竹富島まちなみ館で開催し、全島民の約4割にあたる140人が参加。同ホテル建設阻止を訴えた。
 島民たちは、「ならぬ」と大きくプリントされたTシャツ姿で参加。上勢頭篤竹富公民館長は「住民の力を結集し、『うつぐみの心ここにあり』を示そう」とあいさつした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

4月

29日

「屈辱の日」「民主主義危い」 基地問題、改めて政府批判 魂の飢餓感強調

記者会見する翁長雄志知事=28日午前、県庁
記者会見する翁長雄志知事=28日午前、県庁

 【那覇】翁長雄志知事は28日の記者会見で、サンフランシスコ講和条約が発効して日本が独立を回復した1952年4月28日を県内の一部で「沖縄が本土から切り離された屈辱の日」と呼ぶ動きがあることについて「私たちにとっては、ある意味で日本から切り捨てられた日だ」と肯定した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設など米軍基地問題で政府と沖縄の対立が続く現状について「日米安保体制を構成している地方自治や民主主義が危うい状況になっているのではないか」などと改めて政府批判を展開した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

4月

29日

建議書、全会一致で不採択 アクセス道路工事を優先 市教委定例会

市教委定例会で市文化財審議会の建議書が不採択となった=28日、市教委
市教委定例会で市文化財審議会の建議書が不採択となった=28日、市教委

 石垣市教育委員会の2017年度第1回定例会が28日、市教委で開かれ、県道石垣空港線(アクセス道路)建設予定地内にある旧大浜町浄水場跡地の文化財指定を求める石垣市文化財審議会の建議書に対し、アクセス道路建設を優先することを確認し、全会一致で不採択とした。委員らは公共の利益として渋滞緩和や安全性の確保などを優先。中山義隆市長が20日付で教育長宛てに提出した照会文への回答も公開。同土地の地権者でもある石垣市も指定の「同意は困難」としており、実質的な最終判断となった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む