2015年

2月

28日

八商工、進路決定率100% 「生徒の意識高い」と強調

卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校
卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校

 八重山商工高校(真栄田義功校長)の3年生145人全員が3月の卒業を前に進学、就職を決め、進路決定率100%を達成した。卒業前に全員の進路が決定することはまれで、同校では「県内でもトップ」と喜んでいる。
 進学は65人(大学21人、短期大学6人、専門学校38人)、就職は80人(県内18人、県外62人)。
 同校ではここ数年、進学決定率、就職決定率ともに100%を達成しているが、生徒全員が卒業前に決定することは初めてだという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

あす3高校卒業式 花文字ではなむけの言葉 八重農

卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校
卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校

 県立高校の卒業式が3月1日、各地で一斉に行われる。八重山農林高校(渡久山修校長)では27日、2年生を中心に卒業式会場の体育館の装飾が行われた。このうち、ライフスキル科の2年生たちは、卒業生へのはなむけの言葉を花文字で制作するため、準備に取り組んだ。花文字は卒業式当日に披露される。

 生徒たちは花文字の制作のため、昨年12月にマリーゴールドとアルテルナンテラの播種を行い、大切に育ててきた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

「ひなまつり楽しんで」 園児に桃の花贈呈 JTA

桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園
桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園

3月の桃の節句にちなみ、JTA(日本トランスオーシャン航空)八重山支社名渡山秋彦支社長から、ひまわり保育園に西大寺=岡山県岡山市=の桃の花2束が贈られた。27日、同園で行われた贈呈式で、園児たちは「きれいなお花をありがとう」とお礼を述べ、花束を受け取った。
 同イベントは岡山県と沖縄県の交流を深めようと1996年から行われており、今年は西大寺観光協会(=岡山県=岡崎俊男会長)から、県に桃の花700本が提供された。石垣島にも33束、27カ所の施設、団体に贈呈される。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

「最大規模」の海保に 巡視船10隻で尖閣警備 石垣 保安官300人増員へ

 政府は2015年度までに、尖閣諸島(石垣市登野城)の警備に専従する巡視船を計10隻体制とするほか、石垣海上保安部の海上保安官を約300人増員する予定。同保安部所属の巡視船は計13隻、海上保安官は計約700人に達し「全国でも最大規模」(同保安部管理課)の海保となる。中国も尖閣周辺海域で海警局の船を常時航行させており、新造の巡視船を今春にも尖閣海域へ投入する可能性があると報道されている。今後も尖閣海域で日中両国が厳しく対峙する状況が続きそうだ。


 同保安部は14年度に、尖閣警備に専従する新造の巡視船「たけとみ」「なぐら」「かびら」の3隻を配備した。3月末までには、新たに「ざんぱ」が加わり、計4隻になる。


 15年度はさらに新造の巡視船6隻を配備し、尖閣警備に専従する巡視船は計10隻体制となる。巡視船の建造費は1隻当たり約57億円。政府は尖閣周辺海域で中国公船「海警」の航行が常態化している状況を踏まえ、大型予算を投じて急ピッチで建造を進めている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

北海道の雪に大はしゃぎ 自衛隊が園児にプレゼント

初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ
初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ

 「沖縄の子どもたちに、雪を体験させてあげたい」との想いで、陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は26日、市内新川のどんぐりの学童クラブ(瀬長政子施設長)へ北海道の雪を約60㌔贈った。同学童クラブに通う園児50人がひと時の雪遊びを楽しんだ。

 陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は、1990年から陸上自衛隊那覇駐屯地曹友会へ雪を贈り、県内の子どもたちへ雪を届けている。八重山地区では2012年から毎年、雪が贈られているという。

 この日、自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所の裏出貴信所長らが学童クラブを訪れ、雪を手渡した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

八商工、進路決定率100% 「生徒の意識高い」と強調

卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校
卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校

 八重山商工高校(真栄田義功校長)の3年生145人全員が3月の卒業を前に進学、就職を決め、進路決定率100%を達成した。卒業前に全員の進路が決定することはまれで、同校では「県内でもトップ」と喜んでいる。
 進学は65人(大学21人、短期大学6人、専門学校38人)、就職は80人(県内18人、県外62人)。
 同校ではここ数年、進学決定率、就職決定率ともに100%を達成しているが、生徒全員が卒業前に決定することは初めてだという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

あす3高校卒業式 花文字ではなむけの言葉 八重農

卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校
卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校

 県立高校の卒業式が3月1日、各地で一斉に行われる。八重山農林高校(渡久山修校長)では27日、2年生を中心に卒業式会場の体育館の装飾が行われた。このうち、ライフスキル科の2年生たちは、卒業生へのはなむけの言葉を花文字で制作するため、準備に取り組んだ。花文字は卒業式当日に披露される。

 生徒たちは花文字の制作のため、昨年12月にマリーゴールドとアルテルナンテラの播種を行い、大切に育ててきた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

「ひなまつり楽しんで」 園児に桃の花贈呈 JTA

桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園
桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園

3月の桃の節句にちなみ、JTA(日本トランスオーシャン航空)八重山支社名渡山秋彦支社長から、ひまわり保育園に西大寺=岡山県岡山市=の桃の花2束が贈られた。27日、同園で行われた贈呈式で、園児たちは「きれいなお花をありがとう」とお礼を述べ、花束を受け取った。
 同イベントは岡山県と沖縄県の交流を深めようと1996年から行われており、今年は西大寺観光協会(=岡山県=岡崎俊男会長)から、県に桃の花700本が提供された。石垣島にも33束、27カ所の施設、団体に贈呈される。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

「最大規模」の海保に 巡視船10隻で尖閣警備 石垣 保安官300人増員へ

 政府は2015年度までに、尖閣諸島(石垣市登野城)の警備に専従する巡視船を計10隻体制とするほか、石垣海上保安部の海上保安官を約300人増員する予定。同保安部所属の巡視船は計13隻、海上保安官は計約700人に達し「全国でも最大規模」(同保安部管理課)の海保となる。中国も尖閣周辺海域で海警局の船を常時航行させており、新造の巡視船を今春にも尖閣海域へ投入する可能性があると報道されている。今後も尖閣海域で日中両国が厳しく対峙する状況が続きそうだ。


 同保安部は14年度に、尖閣警備に専従する新造の巡視船「たけとみ」「なぐら」「かびら」の3隻を配備した。3月末までには、新たに「ざんぱ」が加わり、計4隻になる。


 15年度はさらに新造の巡視船6隻を配備し、尖閣警備に専従する巡視船は計10隻体制となる。巡視船の建造費は1隻当たり約57億円。政府は尖閣周辺海域で中国公船「海警」の航行が常態化している状況を踏まえ、大型予算を投じて急ピッチで建造を進めている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

北海道の雪に大はしゃぎ 自衛隊が園児にプレゼント

初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ
初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ

 「沖縄の子どもたちに、雪を体験させてあげたい」との想いで、陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は26日、市内新川のどんぐりの学童クラブ(瀬長政子施設長)へ北海道の雪を約60㌔贈った。同学童クラブに通う園児50人がひと時の雪遊びを楽しんだ。

 陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は、1990年から陸上自衛隊那覇駐屯地曹友会へ雪を贈り、県内の子どもたちへ雪を届けている。八重山地区では2012年から毎年、雪が贈られているという。

 この日、自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所の裏出貴信所長らが学童クラブを訪れ、雪を手渡した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2017年

7月

21日

移住者いらっしゃい 名護で世話役養成講座

討議する北部地域の市町村代表者ら=20日、名護商工会議所
討議する北部地域の市町村代表者ら=20日、名護商工会議所

 【名護】移住者受け入れのキーマンを育てる第一回「世話役養成塾」(主催・県)が20日、名護商工会議所で開かれた。県企画部地域・離島課の移住定住促進事業の一環。
 徳島県佐那河内村の移住者受入れ成功事例を學ぶため地元の役場職員、安富圭司氏を招き講義が行われた。
 佐那河内村は人口2434人(4月30日現在)の村で、過去20年で人口が900人減っていたが、移住者の受け入れが奏功し、昨年12月末時点で転入が転出を7人上回ることができた。具体的施策として、移住希望者を住まわせる遊休不動産(空き家)を活用した。安富氏は、空き家の所有者一人ひとりを訪ね説得したことや空き家改修工事、地域住民と移住希望者のマッチングを手助けする移住支援団体作りなどを紹介した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

7月

21日

きょうから夏休み! 市内小中学校で終業式

初めての通知表をもらった1年1組の児童ら=20日、真喜良小学校
初めての通知表をもらった1年1組の児童ら=20日、真喜良小学校

 市内ほとんどの小中学校で20日、1学期の終業式が行われ、41日間の夏休みがスタートした。
 このうち真喜良小学校(仲吉永克校長、児童381人)の終業式では、仲吉校長が各学年の1学期の学習の成果を激励した後、「夏休みに開催する真喜良小の夏祭りや豊年祭などの地域行事に積極的に参加し、地域のことをよく知る機会にしてほしい。41日間の楽しい夏休みを過ごし、元気な顔で会えるのを楽しみにしている」とあいさつした。終業式の最後には、児童が元気いっぱいに「ヤッホッホ夏休み」を歌った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

7月

21日

石垣五段、アマ将棋全国大会へ 31年ぶりの快挙で期待高まる

県予選決勝戦で熱戦を展開する石垣五段(提供写真)
県予選決勝戦で熱戦を展開する石垣五段(提供写真)

 第71回全日本アマチュア将棋名人戦県予選(主催・日本将棋連盟県支部連合会、沖縄タイムス社)がこのほど、那覇市で開催され、石垣市在住の石垣長武五段(47)が選抜クラスで優勝した。石垣五段は15、16歳のときにも同大会で優勝しており、31年ぶりの快挙。9月に東京で開催される全国大会に県代表として参加する。関係者のあいだでは「アマの世界では脂の乗った20、30代が最も強い。40代では奇跡的な勝利だ」と称賛の声が上がっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

7月

20日

石垣中、県大会に派遣 科学の甲子園地区代表に

第5回科学の甲子園ジュニア八重山地区代表選考大会が行われた=15日、石垣第二中学校
第5回科学の甲子園ジュニア八重山地区代表選考大会が行われた=15日、石垣第二中学校

 第5回科学の甲子園ジュニア八重山地区代表選考大会(八重山教育事務所主催)が15日、石垣第二中学校で開かれ、科学に関心のある市内の中学校5校から66人11チームが参加した。選考の結果、石垣中学校のMagic Road2チームが1位となった。八重山地区代表として8月28日に開かれる「科学の甲子園ジュニア」沖縄県大会に派遣される。
 八重山教育事務所の﨑山晃所長は、IPS細胞の開発を行った山中伸弥氏の逸話を述べ、物事を極めることの重要性を説明。生徒たちには「知の体力が必要。考え抜いた結論を出して頑張ってほしい」とエールを贈った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

7月

20日

三浦按針 尖閣を見た 明国、航行の自由合意 

朱印船地図の一例。尖閣諸島は「トリシマ」「レイス」と表記。当時、欧州でも中国でもこの精度の地図は存在しないという(長崎歴史博物館蔵の東洋南洋航海古図、石井望氏提供)
朱印船地図の一例。尖閣諸島は「トリシマ」「レイス」と表記。当時、欧州でも中国でもこの精度の地図は存在しないという(長崎歴史博物館蔵の東洋南洋航海古図、石井望氏提供)

 徳川家康の外交顧問で「三浦按針(あんじん)」として知られる英国人航海士、ウィリアム・アダムス(1564~1620)が1617年、海外との貿易を行う朱印船で日本からベトナムへ向かう途中、尖閣諸島と思われる島を目撃していたことが分かった。アダムスらの航海日誌を再調査した尖閣史研究家の石井望・長崎純心大准教授が発見した。当時の明国が日本との合意で尖閣諸島より西側までの朱印船航行の自由を確認していたことも浮かび上がり、尖閣は歴史的に自国領であるとする中国の論拠がまた一つ崩れた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む