2015年

2月

28日

八商工、進路決定率100% 「生徒の意識高い」と強調

卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校
卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校

 八重山商工高校(真栄田義功校長)の3年生145人全員が3月の卒業を前に進学、就職を決め、進路決定率100%を達成した。卒業前に全員の進路が決定することはまれで、同校では「県内でもトップ」と喜んでいる。
 進学は65人(大学21人、短期大学6人、専門学校38人)、就職は80人(県内18人、県外62人)。
 同校ではここ数年、進学決定率、就職決定率ともに100%を達成しているが、生徒全員が卒業前に決定することは初めてだという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

あす3高校卒業式 花文字ではなむけの言葉 八重農

卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校
卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校

 県立高校の卒業式が3月1日、各地で一斉に行われる。八重山農林高校(渡久山修校長)では27日、2年生を中心に卒業式会場の体育館の装飾が行われた。このうち、ライフスキル科の2年生たちは、卒業生へのはなむけの言葉を花文字で制作するため、準備に取り組んだ。花文字は卒業式当日に披露される。

 生徒たちは花文字の制作のため、昨年12月にマリーゴールドとアルテルナンテラの播種を行い、大切に育ててきた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

「ひなまつり楽しんで」 園児に桃の花贈呈 JTA

桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園
桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園

3月の桃の節句にちなみ、JTA(日本トランスオーシャン航空)八重山支社名渡山秋彦支社長から、ひまわり保育園に西大寺=岡山県岡山市=の桃の花2束が贈られた。27日、同園で行われた贈呈式で、園児たちは「きれいなお花をありがとう」とお礼を述べ、花束を受け取った。
 同イベントは岡山県と沖縄県の交流を深めようと1996年から行われており、今年は西大寺観光協会(=岡山県=岡崎俊男会長)から、県に桃の花700本が提供された。石垣島にも33束、27カ所の施設、団体に贈呈される。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

「最大規模」の海保に 巡視船10隻で尖閣警備 石垣 保安官300人増員へ

 政府は2015年度までに、尖閣諸島(石垣市登野城)の警備に専従する巡視船を計10隻体制とするほか、石垣海上保安部の海上保安官を約300人増員する予定。同保安部所属の巡視船は計13隻、海上保安官は計約700人に達し「全国でも最大規模」(同保安部管理課)の海保となる。中国も尖閣周辺海域で海警局の船を常時航行させており、新造の巡視船を今春にも尖閣海域へ投入する可能性があると報道されている。今後も尖閣海域で日中両国が厳しく対峙する状況が続きそうだ。


 同保安部は14年度に、尖閣警備に専従する新造の巡視船「たけとみ」「なぐら」「かびら」の3隻を配備した。3月末までには、新たに「ざんぱ」が加わり、計4隻になる。


 15年度はさらに新造の巡視船6隻を配備し、尖閣警備に専従する巡視船は計10隻体制となる。巡視船の建造費は1隻当たり約57億円。政府は尖閣周辺海域で中国公船「海警」の航行が常態化している状況を踏まえ、大型予算を投じて急ピッチで建造を進めている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

北海道の雪に大はしゃぎ 自衛隊が園児にプレゼント

初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ
初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ

 「沖縄の子どもたちに、雪を体験させてあげたい」との想いで、陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は26日、市内新川のどんぐりの学童クラブ(瀬長政子施設長)へ北海道の雪を約60㌔贈った。同学童クラブに通う園児50人がひと時の雪遊びを楽しんだ。

 陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は、1990年から陸上自衛隊那覇駐屯地曹友会へ雪を贈り、県内の子どもたちへ雪を届けている。八重山地区では2012年から毎年、雪が贈られているという。

 この日、自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所の裏出貴信所長らが学童クラブを訪れ、雪を手渡した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

八商工、進路決定率100% 「生徒の意識高い」と強調

卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校
卒業を前に3年生全員が進路を決定した八重山商工高校=27日午後、同校

 八重山商工高校(真栄田義功校長)の3年生145人全員が3月の卒業を前に進学、就職を決め、進路決定率100%を達成した。卒業前に全員の進路が決定することはまれで、同校では「県内でもトップ」と喜んでいる。
 進学は65人(大学21人、短期大学6人、専門学校38人)、就職は80人(県内18人、県外62人)。
 同校ではここ数年、進学決定率、就職決定率ともに100%を達成しているが、生徒全員が卒業前に決定することは初めてだという。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

あす3高校卒業式 花文字ではなむけの言葉 八重農

卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校
卒業生へのはなむけの言葉の花文字を制作する2年生たち=27日午前、八重山農林高校

 県立高校の卒業式が3月1日、各地で一斉に行われる。八重山農林高校(渡久山修校長)では27日、2年生を中心に卒業式会場の体育館の装飾が行われた。このうち、ライフスキル科の2年生たちは、卒業生へのはなむけの言葉を花文字で制作するため、準備に取り組んだ。花文字は卒業式当日に披露される。

 生徒たちは花文字の制作のため、昨年12月にマリーゴールドとアルテルナンテラの播種を行い、大切に育ててきた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

28日

「ひなまつり楽しんで」 園児に桃の花贈呈 JTA

桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園
桃の花を贈る名渡山秋彦支社長=27日午後、ひまわり保育園

3月の桃の節句にちなみ、JTA(日本トランスオーシャン航空)八重山支社名渡山秋彦支社長から、ひまわり保育園に西大寺=岡山県岡山市=の桃の花2束が贈られた。27日、同園で行われた贈呈式で、園児たちは「きれいなお花をありがとう」とお礼を述べ、花束を受け取った。
 同イベントは岡山県と沖縄県の交流を深めようと1996年から行われており、今年は西大寺観光協会(=岡山県=岡崎俊男会長)から、県に桃の花700本が提供された。石垣島にも33束、27カ所の施設、団体に贈呈される。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

「最大規模」の海保に 巡視船10隻で尖閣警備 石垣 保安官300人増員へ

 政府は2015年度までに、尖閣諸島(石垣市登野城)の警備に専従する巡視船を計10隻体制とするほか、石垣海上保安部の海上保安官を約300人増員する予定。同保安部所属の巡視船は計13隻、海上保安官は計約700人に達し「全国でも最大規模」(同保安部管理課)の海保となる。中国も尖閣周辺海域で海警局の船を常時航行させており、新造の巡視船を今春にも尖閣海域へ投入する可能性があると報道されている。今後も尖閣海域で日中両国が厳しく対峙する状況が続きそうだ。


 同保安部は14年度に、尖閣警備に専従する新造の巡視船「たけとみ」「なぐら」「かびら」の3隻を配備した。3月末までには、新たに「ざんぱ」が加わり、計4隻になる。


 15年度はさらに新造の巡視船6隻を配備し、尖閣警備に専従する巡視船は計10隻体制となる。巡視船の建造費は1隻当たり約57億円。政府は尖閣周辺海域で中国公船「海警」の航行が常態化している状況を踏まえ、大型予算を投じて急ピッチで建造を進めている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

2月

27日

北海道の雪に大はしゃぎ 自衛隊が園児にプレゼント

初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ
初めて見る雪に大はしゃぎの子どもたち=26日午後、どんぐりの学童クラブ

 「沖縄の子どもたちに、雪を体験させてあげたい」との想いで、陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は26日、市内新川のどんぐりの学童クラブ(瀬長政子施設長)へ北海道の雪を約60㌔贈った。同学童クラブに通う園児50人がひと時の雪遊びを楽しんだ。

 陸上自衛隊東千歳駐屯地曹友会は、1990年から陸上自衛隊那覇駐屯地曹友会へ雪を贈り、県内の子どもたちへ雪を届けている。八重山地区では2012年から毎年、雪が贈られているという。

 この日、自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所の裏出貴信所長らが学童クラブを訪れ、雪を手渡した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2017年

6月

29日

安定出荷へ意気込む 甘しょ産地認定で祝賀会

甘しょ拠点産地認定を祝う祝賀会が開かれた=28日夕、市内飲食店
甘しょ拠点産地認定を祝う祝賀会が開かれた=28日夕、市内飲食店

 沖縄県が石垣市を県内6番目の甘藷(かんしょ)産地拠点と認定したことを受け、石垣市甘しょ産地協議会(天久朝仁会長)と石垣市は28日夕、市内飲食店で認定記念祝賀会を開き、今後の安定出荷への意気込みを示した。
 中山義隆市長は「沖夢紫を伸ばしている生産者に敬意を表する。力を合わせて手を携えて一大産業にしたい」とあいさつ。天久会長は「生産量増加、生産者の育成、ほ場確保など、質にもこだわって取り組みたい」と述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

6月

29日

「戦争につながるあらゆるものに反対する」。…

 「戦争につながるあらゆるものに反対する」。インタビューを受けた高齢者の男性はそう言い切った。「辺野古の座り込みには、沖縄戦を体験した多くの高齢者が参加しています」。その男性が辺野古移設反対運動に加わる理由を、アナウンサーが説明した。「慰霊の日」特集で、ある民放テレビが放送した番組だ◆見ていて非常に違和感があったのは、辺野古での座り込みがなぜ反戦平和につながるのか、何一つ説明がなかったからだ。辺野古移設は県民の基地負担軽減に向けた政府の施策であり、戦争準備の新基地建設ではない。そう主張するのは一部の政治勢力である◆沖縄県民が歴史を振り返る時、重い教訓とすべきは1609年の島津侵攻、1945年の沖縄戦だ。平和を願う住民ばかりなのに、現実には他国から二度も侵略された。沖縄ほど有事の備えを真剣に考えなくてはならない地域はないはずなのに、「戦争につながるあらゆるものに反対する」だけでは、思考停止だ◆ひるがえって石垣島でも「自衛隊が配備されると島が火の海になる」という流言飛語が広がっている。一時期、中央や地方で流行したが、今や顧みる人もない「非武装中立論」「無防備地域宣言」のニューバージョンだ。石垣島を破綻した思想の実験場にしようというのか。

 

続きを読む

2017年

6月

29日

撤回「慎重に根拠検討」 辺野古、提訴改めて表明 県議会代表質問

 【那覇】県議会(新里米吉議長)6月定例会の代表質問が28日始まり、初日は具志堅透(自民)、西銘啓史郎(同)、比嘉京子(社民・社大・結連合)、仲宗根悟(同)、仲村未央(同)の5氏が登壇した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設工事差し止め訴訟に関し、翁長雄志知事は「知事の許可がない岩礁破砕は禁止。防衛局は県の行政指導に応じず、辺野古の護岸工事に着手した。岩礁破砕を行うことは確実な状況で無許可の工事は放置できず訴訟提起はできると判断した」と述べ、今議会で議決が得られしだい、訴えを提起すると改めて表明した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

6月

28日

「ミサイル基地いらない」 鳩山元首相、陸自配備に言及

講演する鳩山由紀夫氏=27日、大川公民館
講演する鳩山由紀夫氏=27日、大川公民館

 東アジア共同体研究所琉球・沖縄センターと同実行委共催の講演会が27日夜、大川公民館で開かれ、元首相で同研究所理事長の鳩山由紀夫氏が「東アジア共同体構想」を語った。防衛省が進める石垣市への陸自配備計画にも言及した。中国人は石垣島が好きと前置きし、「ミサイル基地は中国を狙うもの。自衛隊はこの周辺にはいらない」と述べた。

 鳩山氏は石垣島に陸自配備された場合、「(隊員)600人と家族で千人。経済が伸びるという人もいるが、話は別」とし、「隊員は派手に食べ歩きしない。お金も使わないだろう。海外から石垣に訪れさせる環境を作ることが大事」と指摘した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

続きを読む

2017年

6月

28日

暑い!真夏日 天を突き刺すリュウゼツラン

天を突き刺すようにして咲くリュウゼツラン=6月25日、石垣市新川冨崎
天を突き刺すようにして咲くリュウゼツラン=6月25日、石垣市新川冨崎

 八重山地方は27日、太平洋高気圧に覆われ、蒸し暑い一日となった。最高気温は竹富町西表や波照間島、石垣市登野城などで軒並み32度以上の真夏日となり、強い日差しが降り注いだ。
 22日の梅雨明け後、厳しい暑さが続いており、気象台では熱中症への注意を呼び掛けている。
 石垣市新川冨崎では、10年に1度、開花するというリュウゼツラン(竜舌蘭)の花が天を突き刺すように咲いており、青空にくっきりと浮かび上がっている。


 (文・写真 南風原英和)

続きを読む