2015年

3月

31日

野呂水地区の新道開通 沿線に観光地、安全性向上 石垣港伊原間線

石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)
石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)

 石垣港から石垣島の主要観光地である名蔵や川平に向かう県道石垣港伊原間線の野呂水地区で、県が従来の道路をバイパスする2・5㌔の新道を新たに整備し、30日、現地で開通式が開かれた。従来の道路は幅員が狭く、急勾配の坂が連続するなど、交通安全上の問題が指摘されていた。新道の整備で住民や観光客の安全性、利便性の向上が期待される。


 石垣港伊原間線は石垣港から伊原間の国道390号と県道平野伊原間線との接続点まで総延長約40㌔の幹線道路。沿線には名蔵アンパル、川平湾などの観光名所があり、観光振興の上からも重要な路線となっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2015年

3月

31日

中学生向け郷土資料発刊 授業の副読本 総合学習でも活用へ

市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委
市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委

 市教育委員会は、中学生用の郷土学習の入門書として「八重山の歴史と文化・自然」を発刊し、30日、市教委で記者発表を行った。市立教育研究所・市立適応指導教室の田本由美子所長は「教科書に準じた内容だけでなく、自然や文化にも力を入れているので、授業以外でも活用してほしい」と報告した。

 同書は13年、14年度の一括交付金を活用して、市教委の監修のもと八重山文化研究会会長や各地域歴史編纂委員会などが資料を提供し、市立教育研究所が編集を行った。


 特徴として八重山の通史年表が挿入されているほか、自然や偉人にも焦点があてられている。学校指導課の宮良永秀課長は「社会の授業の副読本としてだけでなく、理科や総合学習でも活用できる内容となっている」と、本の出来に大満足の様子。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2015年

3月

30日

大学時代に「21世紀の中国」を…

 大学時代に「21世紀の中国」をテーマにした講義を受け、教授や参加者と意見交換したとき、出席者の誰もが「21世紀は中国の世紀になる」と断言した◆人口の多さや人民の潜在能力の高さから、いずれ米国をも抜き、世界一の大国に成長する―と誰もが予想した。「そんなものか」と思いながら話を聞いていた記憶があるが、予想より早く、その時が訪れようとしているようだ◆中国が主導して設立する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行に日米を除く主要国がこぞって参加を表明しており、従来の日米主導に代わり、中国を中心とした新たな金融秩序がアジアで誕生しそうだ。中国が名実ともに「アジアの盟主」として影響力を拡大させることになる◆ただ経済面での躍進とは裏腹に、中国の軍事的、独裁的な体質は強まる一方だ。本来なら隣国の経済成長は大きなチャンスだが、尖閣問題を抱える八重山にとっては、逆に脅威が増す一方だと受け止められる。順調に伸びる八重山観光も、外国人からの誘客は台湾や香港がメインターゲットとなっており、中国本土との民間交流が活発化する兆しはない◆東アジアの玄関口を目指す八重山にとって、相互理解が深まらないまま、隣国の存在感だけ増していく現状は不幸としか言いようがない。

続きを読む

2015年

3月

30日

廣虎 地元から支援を 格闘技ライブに大勢の人出

格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館
格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館

 オキナワ格闘LIVE「武士 MОNОNОFU 廣虎(ひろと)祭り」(主催・ОKINAWA虎の穴)が29日、大浜公民館で開かれた。沖縄本島と石垣島のキックボクシングジムに所属する選手たちが熱戦を展開。最後は石垣市出身のWPMF日本スーパーウェルター級チャンピオン、WPMF日本ミドル級チャンピオンの廣虎が登場した。

 5月31日に世界戦を控える廣虎を支援するイベントで、石垣市では2年ぶりの開催となった。


 選手は「本島軍」「石垣軍」に分かれて対戦。パンチ、キックを力の限り繰り出し、会場には肉が弾ける激しい音が飛び交かった。会場には大勢の人たちが詰め掛け、盛んな声援を送った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2015年

3月

30日

ソラシド石垣―那覇就航 「生活路線」定着に決意 那覇経由で宮崎、鹿児島にも

石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港
石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港

 スカイネットアジア航空(ソラシドエア)は29日、石垣―那覇線に初就航した。記念セレモニーで高橋洋社長は「那覇―石垣線は生活路線。安全で快適な空の旅を提供し、少しでも安く安心して利用してもらう」と述べ、同路線の定着に決意を示した。1日2往復4便で、早期の予約による割引運賃は最安で片道5千円程度に設定。今後は那覇経由の宮崎、鹿児島とのネットワークを利用し、九州からの誘客にも弾みがつくものと期待されている。

 

 石垣発の初便出発を前に石垣空港で記念セレモニーが開かれ、高橋社長は「地域に根を下ろしたエアラインとしての役割を果たしたい。観光だけでなく、スペースに余裕があれば貨物も運び、地域産業の発展に貢献したい」と意気込んだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2018年

6月

21日

あの要請どうなった? 総務課が進捗伝えます 竹富町

 公民館などの団体が、竹富町役場に要請する事案は毎年約150件。地域から「要請後、どうなったのかわからない」との声があったことから、同町総務課は2017年度末から「公民館等要請一覧及び状況確認書」を公民館に送付し、議事録と共に要請の進捗(しんちょく)状況を報告している。

 昨年度、竹富町に届いた要請の事案件数は165件で、団体数は町内15公民館を含む17団体。これまで、要請後は担当課と公民館が連絡を取り合っていたが、17年度から総務課が進捗状況を取りまとめる作業をスタートさせた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

6月

21日

香港MICE誘致で商談会 冬場の需要アップ狙う YVB

香港MICE関係団体による商談会が開かれた=20日午後、市内ホテル
香港MICE関係団体による商談会が開かれた=20日午後、市内ホテル

 (一社)八重山ビジターズビューロー(中山義隆会長、YVB)は20日午後、香港エクスプレスとの提携による香港MICE関係団体を招いた八重山現地視察・商談会を市内のホテルで開いた。香港のトップエージェント13社の担当者、石垣市や竹富町から旅行宿泊運輸観光関連会社17社26人が参加した。YVBでは初の取り組み。
 商談会では、八重山側の各社担当者は限られた制限時間の中で、順番を待ちながら英語や中国語で各島をアピールしたほか、香港での観光需要などについて商談した。

 平田観光㈱の中里美由紀さんは「香港のEGL旅行会社に西表の由布島ツアーをPRした。あす同社との現地視察が楽しみ」と話し、EGLのホウ・マン・ホウ、アシスタントセールスマネージャーは「香港では石垣のことはまだあまり知られていない。香港の観光客にリラックスできる石垣の大自然を紹介したい」と期待した。
 八重山ビジターズビューローの濵田智佳子事務局長は「香港エージェント、八重山関係者ともに熱意を感じる。これまでは個人客が中心だったが、今後は八重山の美しい大自然体験を基に冬場の需要アップに、MICEを取り入れ、既存の観光の受け入れの幅を広げたい」と期待を込めた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest

 

 

2018年

6月

21日

将来を担える人材に 八商工生、台湾に派遣

上地さんと小田島さん(中央)、中山市長ら関係者=20日午前、石垣市役所
上地さんと小田島さん(中央)、中山市長ら関係者=20日午前、石垣市役所

 八重山商工高校(新城英人校長、生徒数373人)商業科観光コース2年の上地海春さんと、小田島汐音さんが参加を予定している、台湾で開催される日本旅行主催の「日本の観光・物産博2018」(22~24日)の台湾派遣出発式が20日、石垣市役所で開かれ、参加者2人と中山義隆市長ら関係者が参加した。
 石垣市における将来の観光産業を担う人材育成施策の一つとして派遣される。同博ではステージパフォーマンスに出演するほか、八重山ブースで通訳補助などの業務に携わる。上地さんと小田島さんは、あいさつで中国語で自己紹介をし、上地さんは「普段習っている中国語を生かす機会がもらえたので現地の人とコミュニケーションをたくさん取り、八重山諸島の良さを広めていきたい」、小田島さんは「昨年から中国語や郷土芸能を習っているので、石垣島の文化を台湾で広げていきたい」と意気込んだ。
 中山市長は「日ごろから勉強していることを現場で生かし、海外で働くことによって視野を広げてほしい」と期待を込めた。

 

2018年

6月

20日

来月、知事に継続直訴へ 航空運賃の離島割引 八重山市町会

 県が石垣―那覇間の当日航空運賃を値下げする「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」(離島割引運賃)の適用を7月から保留する方針を示していることを受け大得英信企画部長は19日、八重山市町会(会長・中山義隆市長)が7月5日、翁長雄志知事に適用継続を直訴することを明らかにした。市によると、現時点では知事本人が要請を受けるスケジュールになっており、この問題で県が柔軟姿勢を示す可能性がある。

 同事業の適用保留問題は19日の市議会一般質問で砥板芳行氏が取り上げた。県は、同事業による補助金が既存の航空会社だけに交付されるため、LCC(格安航空会社)の新規参入後も適用を継続することは「独禁法に抵触する」との見解を示している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

6月

20日

海兵隊員、女性を救う ダイビング中におぼれかける 恩納村

九死に一生を得たミンイさん(右)と命の恩人ダーン一等軍曹(提供写真)
九死に一生を得たミンイさん(右)と命の恩人ダーン一等軍曹(提供写真)

 【恩納村】真栄田岬で5月、キャンプキンザ―(浦添市)米第三海兵遠征軍所属のスコット・ダーン一等軍曹(39)がダイビング中におぼれた香港在住の女性を救助した。部隊は表彰を予定しているが、ダーンさんは「(救助活動を通じて)永続的な友人ができたことが、なにより特別な賞」と話している。

 事故が起きたのは5月20日。恩納村で結婚式を挙げたばかりのミンイさんは夫、友人3人とともに真栄田岬を訪れ、ダイビングを楽しんでいたが、水深25㍍の地点を泳いでいるとき、マスクとレギュレーターを外してしまい、大量の水を飲んだ。パニック状態に陥った時、近くでダイビングをしていたダーンさんが異変に気づいた。「最初は何かの訓練かと様子を見ていたが、マスクとレギュレーターを振り払ったのを見て、10㍍ほど離れた場所から急いで彼女のもとへと泳いだ」と振り返る。

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest

2015年

3月

31日

野呂水地区の新道開通 沿線に観光地、安全性向上 石垣港伊原間線

石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)
石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)

 石垣港から石垣島の主要観光地である名蔵や川平に向かう県道石垣港伊原間線の野呂水地区で、県が従来の道路をバイパスする2・5㌔の新道を新たに整備し、30日、現地で開通式が開かれた。従来の道路は幅員が狭く、急勾配の坂が連続するなど、交通安全上の問題が指摘されていた。新道の整備で住民や観光客の安全性、利便性の向上が期待される。


 石垣港伊原間線は石垣港から伊原間の国道390号と県道平野伊原間線との接続点まで総延長約40㌔の幹線道路。沿線には名蔵アンパル、川平湾などの観光名所があり、観光振興の上からも重要な路線となっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

3月

31日

中学生向け郷土資料発刊 授業の副読本 総合学習でも活用へ

市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委
市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委

 市教育委員会は、中学生用の郷土学習の入門書として「八重山の歴史と文化・自然」を発刊し、30日、市教委で記者発表を行った。市立教育研究所・市立適応指導教室の田本由美子所長は「教科書に準じた内容だけでなく、自然や文化にも力を入れているので、授業以外でも活用してほしい」と報告した。

 同書は13年、14年度の一括交付金を活用して、市教委の監修のもと八重山文化研究会会長や各地域歴史編纂委員会などが資料を提供し、市立教育研究所が編集を行った。


 特徴として八重山の通史年表が挿入されているほか、自然や偉人にも焦点があてられている。学校指導課の宮良永秀課長は「社会の授業の副読本としてだけでなく、理科や総合学習でも活用できる内容となっている」と、本の出来に大満足の様子。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

3月

30日

大学時代に「21世紀の中国」を…

 大学時代に「21世紀の中国」をテーマにした講義を受け、教授や参加者と意見交換したとき、出席者の誰もが「21世紀は中国の世紀になる」と断言した◆人口の多さや人民の潜在能力の高さから、いずれ米国をも抜き、世界一の大国に成長する―と誰もが予想した。「そんなものか」と思いながら話を聞いていた記憶があるが、予想より早く、その時が訪れようとしているようだ◆中国が主導して設立する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行に日米を除く主要国がこぞって参加を表明しており、従来の日米主導に代わり、中国を中心とした新たな金融秩序がアジアで誕生しそうだ。中国が名実ともに「アジアの盟主」として影響力を拡大させることになる◆ただ経済面での躍進とは裏腹に、中国の軍事的、独裁的な体質は強まる一方だ。本来なら隣国の経済成長は大きなチャンスだが、尖閣問題を抱える八重山にとっては、逆に脅威が増す一方だと受け止められる。順調に伸びる八重山観光も、外国人からの誘客は台湾や香港がメインターゲットとなっており、中国本土との民間交流が活発化する兆しはない◆東アジアの玄関口を目指す八重山にとって、相互理解が深まらないまま、隣国の存在感だけ増していく現状は不幸としか言いようがない。

2015年

3月

30日

廣虎 地元から支援を 格闘技ライブに大勢の人出

格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館
格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館

 オキナワ格闘LIVE「武士 MОNОNОFU 廣虎(ひろと)祭り」(主催・ОKINAWA虎の穴)が29日、大浜公民館で開かれた。沖縄本島と石垣島のキックボクシングジムに所属する選手たちが熱戦を展開。最後は石垣市出身のWPMF日本スーパーウェルター級チャンピオン、WPMF日本ミドル級チャンピオンの廣虎が登場した。

 5月31日に世界戦を控える廣虎を支援するイベントで、石垣市では2年ぶりの開催となった。


 選手は「本島軍」「石垣軍」に分かれて対戦。パンチ、キックを力の限り繰り出し、会場には肉が弾ける激しい音が飛び交かった。会場には大勢の人たちが詰め掛け、盛んな声援を送った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

3月

30日

ソラシド石垣―那覇就航 「生活路線」定着に決意 那覇経由で宮崎、鹿児島にも

石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港
石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港

 スカイネットアジア航空(ソラシドエア)は29日、石垣―那覇線に初就航した。記念セレモニーで高橋洋社長は「那覇―石垣線は生活路線。安全で快適な空の旅を提供し、少しでも安く安心して利用してもらう」と述べ、同路線の定着に決意を示した。1日2往復4便で、早期の予約による割引運賃は最安で片道5千円程度に設定。今後は那覇経由の宮崎、鹿児島とのネットワークを利用し、九州からの誘客にも弾みがつくものと期待されている。

 

 石垣発の初便出発を前に石垣空港で記念セレモニーが開かれ、高橋社長は「地域に根を下ろしたエアラインとしての役割を果たしたい。観光だけでなく、スペースに余裕があれば貨物も運び、地域産業の発展に貢献したい」と意気込んだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html