2015年

3月

31日

野呂水地区の新道開通 沿線に観光地、安全性向上 石垣港伊原間線

石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)
石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)

 石垣港から石垣島の主要観光地である名蔵や川平に向かう県道石垣港伊原間線の野呂水地区で、県が従来の道路をバイパスする2・5㌔の新道を新たに整備し、30日、現地で開通式が開かれた。従来の道路は幅員が狭く、急勾配の坂が連続するなど、交通安全上の問題が指摘されていた。新道の整備で住民や観光客の安全性、利便性の向上が期待される。


 石垣港伊原間線は石垣港から伊原間の国道390号と県道平野伊原間線との接続点まで総延長約40㌔の幹線道路。沿線には名蔵アンパル、川平湾などの観光名所があり、観光振興の上からも重要な路線となっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2015年

3月

31日

中学生向け郷土資料発刊 授業の副読本 総合学習でも活用へ

市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委
市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委

 市教育委員会は、中学生用の郷土学習の入門書として「八重山の歴史と文化・自然」を発刊し、30日、市教委で記者発表を行った。市立教育研究所・市立適応指導教室の田本由美子所長は「教科書に準じた内容だけでなく、自然や文化にも力を入れているので、授業以外でも活用してほしい」と報告した。

 同書は13年、14年度の一括交付金を活用して、市教委の監修のもと八重山文化研究会会長や各地域歴史編纂委員会などが資料を提供し、市立教育研究所が編集を行った。


 特徴として八重山の通史年表が挿入されているほか、自然や偉人にも焦点があてられている。学校指導課の宮良永秀課長は「社会の授業の副読本としてだけでなく、理科や総合学習でも活用できる内容となっている」と、本の出来に大満足の様子。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2015年

3月

30日

大学時代に「21世紀の中国」を…

 大学時代に「21世紀の中国」をテーマにした講義を受け、教授や参加者と意見交換したとき、出席者の誰もが「21世紀は中国の世紀になる」と断言した◆人口の多さや人民の潜在能力の高さから、いずれ米国をも抜き、世界一の大国に成長する―と誰もが予想した。「そんなものか」と思いながら話を聞いていた記憶があるが、予想より早く、その時が訪れようとしているようだ◆中国が主導して設立する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行に日米を除く主要国がこぞって参加を表明しており、従来の日米主導に代わり、中国を中心とした新たな金融秩序がアジアで誕生しそうだ。中国が名実ともに「アジアの盟主」として影響力を拡大させることになる◆ただ経済面での躍進とは裏腹に、中国の軍事的、独裁的な体質は強まる一方だ。本来なら隣国の経済成長は大きなチャンスだが、尖閣問題を抱える八重山にとっては、逆に脅威が増す一方だと受け止められる。順調に伸びる八重山観光も、外国人からの誘客は台湾や香港がメインターゲットとなっており、中国本土との民間交流が活発化する兆しはない◆東アジアの玄関口を目指す八重山にとって、相互理解が深まらないまま、隣国の存在感だけ増していく現状は不幸としか言いようがない。

続きを読む

2015年

3月

30日

廣虎 地元から支援を 格闘技ライブに大勢の人出

格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館
格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館

 オキナワ格闘LIVE「武士 MОNОNОFU 廣虎(ひろと)祭り」(主催・ОKINAWA虎の穴)が29日、大浜公民館で開かれた。沖縄本島と石垣島のキックボクシングジムに所属する選手たちが熱戦を展開。最後は石垣市出身のWPMF日本スーパーウェルター級チャンピオン、WPMF日本ミドル級チャンピオンの廣虎が登場した。

 5月31日に世界戦を控える廣虎を支援するイベントで、石垣市では2年ぶりの開催となった。


 選手は「本島軍」「石垣軍」に分かれて対戦。パンチ、キックを力の限り繰り出し、会場には肉が弾ける激しい音が飛び交かった。会場には大勢の人たちが詰め掛け、盛んな声援を送った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2015年

3月

30日

ソラシド石垣―那覇就航 「生活路線」定着に決意 那覇経由で宮崎、鹿児島にも

石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港
石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港

 スカイネットアジア航空(ソラシドエア)は29日、石垣―那覇線に初就航した。記念セレモニーで高橋洋社長は「那覇―石垣線は生活路線。安全で快適な空の旅を提供し、少しでも安く安心して利用してもらう」と述べ、同路線の定着に決意を示した。1日2往復4便で、早期の予約による割引運賃は最安で片道5千円程度に設定。今後は那覇経由の宮崎、鹿児島とのネットワークを利用し、九州からの誘客にも弾みがつくものと期待されている。

 

 石垣発の初便出発を前に石垣空港で記念セレモニーが開かれ、高橋社長は「地域に根を下ろしたエアラインとしての役割を果たしたい。観光だけでなく、スペースに余裕があれば貨物も運び、地域産業の発展に貢献したい」と意気込んだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2018年

2月

21日

3陣営、政策で独自色 陸自配備と新庁舎で相違 石垣市長選

 3月の石垣市長選で、現職、中山義隆氏(50)=自民推薦、新人の元市議、宮良操氏(61)=共産、社民、社大推薦、新人の県議、砂川利勝氏(54)の基本政策が出そろった。石垣島への陸上自衛隊配備問題や新庁舎建設のあり方で3氏の対応に違いが見られる。ともに全小中学校へのクーラー設置を打ち出すなど、教育、経済、福祉関連の政策では共通点もある。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

2月

21日

「憲法の上に地位協定」 翁長知事、参院防衛委と会談

参議院議員を前に意見を述べる翁長知事(写真右)=20日、県庁
参議院議員を前に意見を述べる翁長知事(写真右)=20日、県庁

 【那覇】翁長雄志知事は20日、前日から視察で県内を訪れている参議院外交防衛委員会の委員らと県庁で会談した。翁長氏は、米軍機事故などのトラブルが頻発しているとして「1年で30件起こっている。日本の主権はどうなっているのか」と憤りをあらわにした。その上で「憲法の上に日米地位協定があり、国会の上に日米合同委員会がある。地位協定と合同委員会の解釈や運用について、日本国が異議を示せない状況だ」と苦言を呈した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

2月

21日

新庁舎建設費「76億円」 耐用年数は100年を想定 市議会特別委

石垣市議会の新庁舎建設調査特別委員会が開かれた=20日、石垣市役所
石垣市議会の新庁舎建設調査特別委員会が開かれた=20日、石垣市役所

 石垣市議会の新庁舎建設調査特別委員会(伊良皆高信委員長)が20日、石垣市役所で開かれ、新庁舎建設の総事業費について新庁舎建設室の大城智一朗室長は「細かな積算ではないが、速報値では76億円」と報告した。国の財政支援策である緊急防災減災事業債を活用することで、市の実質的な負担額は46億円程度との見通しも示した。コンクリートの強度を上げることで、耐用年数は百年を想定しており「長期で考えると市民負担は少ない」と強調した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

2月

20日

「市民の豊かさ向上を」 中山氏が政策発表 石垣市長選

石垣市長選へ向けた政策を発表する中山氏(中央)=19日、後援会事務所
石垣市長選へ向けた政策を発表する中山氏(中央)=19日、後援会事務所

 3月の石垣市長選で、現職、中山義隆氏(50)が19日、後援会事務所で記者会見し、新空港滑走路500㍍延長などの地域振興策を盛り込んだ65項目の政策を発表した。「石垣市はまだ伸ばせる。市民一人ひとりはもっと豊かになれる。そのための手をどのように打つかという思いを政策に込めた」と述べ、経済を政策の柱に据える考えを示した。石垣島への陸上自衛隊配備問題については「さまざなな意見を聞き判断したい」と従来の考えを繰り返した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2018年

2月

20日

アーサ採り 最盛期 

干上がった岩場で青々と育ったアーサを収穫するオバァたち=17日午後1時過ぎ、石垣市白保海岸
干上がった岩場で青々と育ったアーサを収穫するオバァたち=17日午後1時過ぎ、石垣市白保海岸

 八重山各地の海岸でアーサ採りのシーズンを迎え、潮が引いた岩場では磯の香りを楽しみながら収穫する人々でにぎわっている。
 アーサ(和名ヒトエグサ)は隆起サンゴ礁石灰岩が発達した岩場に生え、1月下旬から2月にかけ収穫の最盛期となる。指先でつまむようにして採り、アーサ汁にして食べるのが昔からの習慣だ。乾燥させれば保存食として、1年を通して食べられる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2015年

3月

31日

野呂水地区の新道開通 沿線に観光地、安全性向上 石垣港伊原間線

石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)
石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)

 石垣港から石垣島の主要観光地である名蔵や川平に向かう県道石垣港伊原間線の野呂水地区で、県が従来の道路をバイパスする2・5㌔の新道を新たに整備し、30日、現地で開通式が開かれた。従来の道路は幅員が狭く、急勾配の坂が連続するなど、交通安全上の問題が指摘されていた。新道の整備で住民や観光客の安全性、利便性の向上が期待される。


 石垣港伊原間線は石垣港から伊原間の国道390号と県道平野伊原間線との接続点まで総延長約40㌔の幹線道路。沿線には名蔵アンパル、川平湾などの観光名所があり、観光振興の上からも重要な路線となっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

3月

31日

中学生向け郷土資料発刊 授業の副読本 総合学習でも活用へ

市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委
市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委

 市教育委員会は、中学生用の郷土学習の入門書として「八重山の歴史と文化・自然」を発刊し、30日、市教委で記者発表を行った。市立教育研究所・市立適応指導教室の田本由美子所長は「教科書に準じた内容だけでなく、自然や文化にも力を入れているので、授業以外でも活用してほしい」と報告した。

 同書は13年、14年度の一括交付金を活用して、市教委の監修のもと八重山文化研究会会長や各地域歴史編纂委員会などが資料を提供し、市立教育研究所が編集を行った。


 特徴として八重山の通史年表が挿入されているほか、自然や偉人にも焦点があてられている。学校指導課の宮良永秀課長は「社会の授業の副読本としてだけでなく、理科や総合学習でも活用できる内容となっている」と、本の出来に大満足の様子。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

3月

30日

大学時代に「21世紀の中国」を…

 大学時代に「21世紀の中国」をテーマにした講義を受け、教授や参加者と意見交換したとき、出席者の誰もが「21世紀は中国の世紀になる」と断言した◆人口の多さや人民の潜在能力の高さから、いずれ米国をも抜き、世界一の大国に成長する―と誰もが予想した。「そんなものか」と思いながら話を聞いていた記憶があるが、予想より早く、その時が訪れようとしているようだ◆中国が主導して設立する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行に日米を除く主要国がこぞって参加を表明しており、従来の日米主導に代わり、中国を中心とした新たな金融秩序がアジアで誕生しそうだ。中国が名実ともに「アジアの盟主」として影響力を拡大させることになる◆ただ経済面での躍進とは裏腹に、中国の軍事的、独裁的な体質は強まる一方だ。本来なら隣国の経済成長は大きなチャンスだが、尖閣問題を抱える八重山にとっては、逆に脅威が増す一方だと受け止められる。順調に伸びる八重山観光も、外国人からの誘客は台湾や香港がメインターゲットとなっており、中国本土との民間交流が活発化する兆しはない◆東アジアの玄関口を目指す八重山にとって、相互理解が深まらないまま、隣国の存在感だけ増していく現状は不幸としか言いようがない。

2015年

3月

30日

廣虎 地元から支援を 格闘技ライブに大勢の人出

格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館
格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館

 オキナワ格闘LIVE「武士 MОNОNОFU 廣虎(ひろと)祭り」(主催・ОKINAWA虎の穴)が29日、大浜公民館で開かれた。沖縄本島と石垣島のキックボクシングジムに所属する選手たちが熱戦を展開。最後は石垣市出身のWPMF日本スーパーウェルター級チャンピオン、WPMF日本ミドル級チャンピオンの廣虎が登場した。

 5月31日に世界戦を控える廣虎を支援するイベントで、石垣市では2年ぶりの開催となった。


 選手は「本島軍」「石垣軍」に分かれて対戦。パンチ、キックを力の限り繰り出し、会場には肉が弾ける激しい音が飛び交かった。会場には大勢の人たちが詰め掛け、盛んな声援を送った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

3月

30日

ソラシド石垣―那覇就航 「生活路線」定着に決意 那覇経由で宮崎、鹿児島にも

石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港
石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港

 スカイネットアジア航空(ソラシドエア)は29日、石垣―那覇線に初就航した。記念セレモニーで高橋洋社長は「那覇―石垣線は生活路線。安全で快適な空の旅を提供し、少しでも安く安心して利用してもらう」と述べ、同路線の定着に決意を示した。1日2往復4便で、早期の予約による割引運賃は最安で片道5千円程度に設定。今後は那覇経由の宮崎、鹿児島とのネットワークを利用し、九州からの誘客にも弾みがつくものと期待されている。

 

 石垣発の初便出発を前に石垣空港で記念セレモニーが開かれ、高橋社長は「地域に根を下ろしたエアラインとしての役割を果たしたい。観光だけでなく、スペースに余裕があれば貨物も運び、地域産業の発展に貢献したい」と意気込んだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html