2015年

3月

31日

野呂水地区の新道開通 沿線に観光地、安全性向上 石垣港伊原間線

石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)
石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)

 石垣港から石垣島の主要観光地である名蔵や川平に向かう県道石垣港伊原間線の野呂水地区で、県が従来の道路をバイパスする2・5㌔の新道を新たに整備し、30日、現地で開通式が開かれた。従来の道路は幅員が狭く、急勾配の坂が連続するなど、交通安全上の問題が指摘されていた。新道の整備で住民や観光客の安全性、利便性の向上が期待される。


 石垣港伊原間線は石垣港から伊原間の国道390号と県道平野伊原間線との接続点まで総延長約40㌔の幹線道路。沿線には名蔵アンパル、川平湾などの観光名所があり、観光振興の上からも重要な路線となっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2015年

3月

31日

中学生向け郷土資料発刊 授業の副読本 総合学習でも活用へ

市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委
市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委

 市教育委員会は、中学生用の郷土学習の入門書として「八重山の歴史と文化・自然」を発刊し、30日、市教委で記者発表を行った。市立教育研究所・市立適応指導教室の田本由美子所長は「教科書に準じた内容だけでなく、自然や文化にも力を入れているので、授業以外でも活用してほしい」と報告した。

 同書は13年、14年度の一括交付金を活用して、市教委の監修のもと八重山文化研究会会長や各地域歴史編纂委員会などが資料を提供し、市立教育研究所が編集を行った。


 特徴として八重山の通史年表が挿入されているほか、自然や偉人にも焦点があてられている。学校指導課の宮良永秀課長は「社会の授業の副読本としてだけでなく、理科や総合学習でも活用できる内容となっている」と、本の出来に大満足の様子。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2015年

3月

30日

大学時代に「21世紀の中国」を…

 大学時代に「21世紀の中国」をテーマにした講義を受け、教授や参加者と意見交換したとき、出席者の誰もが「21世紀は中国の世紀になる」と断言した◆人口の多さや人民の潜在能力の高さから、いずれ米国をも抜き、世界一の大国に成長する―と誰もが予想した。「そんなものか」と思いながら話を聞いていた記憶があるが、予想より早く、その時が訪れようとしているようだ◆中国が主導して設立する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行に日米を除く主要国がこぞって参加を表明しており、従来の日米主導に代わり、中国を中心とした新たな金融秩序がアジアで誕生しそうだ。中国が名実ともに「アジアの盟主」として影響力を拡大させることになる◆ただ経済面での躍進とは裏腹に、中国の軍事的、独裁的な体質は強まる一方だ。本来なら隣国の経済成長は大きなチャンスだが、尖閣問題を抱える八重山にとっては、逆に脅威が増す一方だと受け止められる。順調に伸びる八重山観光も、外国人からの誘客は台湾や香港がメインターゲットとなっており、中国本土との民間交流が活発化する兆しはない◆東アジアの玄関口を目指す八重山にとって、相互理解が深まらないまま、隣国の存在感だけ増していく現状は不幸としか言いようがない。

続きを読む

2015年

3月

30日

廣虎 地元から支援を 格闘技ライブに大勢の人出

格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館
格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館

 オキナワ格闘LIVE「武士 MОNОNОFU 廣虎(ひろと)祭り」(主催・ОKINAWA虎の穴)が29日、大浜公民館で開かれた。沖縄本島と石垣島のキックボクシングジムに所属する選手たちが熱戦を展開。最後は石垣市出身のWPMF日本スーパーウェルター級チャンピオン、WPMF日本ミドル級チャンピオンの廣虎が登場した。

 5月31日に世界戦を控える廣虎を支援するイベントで、石垣市では2年ぶりの開催となった。


 選手は「本島軍」「石垣軍」に分かれて対戦。パンチ、キックを力の限り繰り出し、会場には肉が弾ける激しい音が飛び交かった。会場には大勢の人たちが詰め掛け、盛んな声援を送った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2015年

3月

30日

ソラシド石垣―那覇就航 「生活路線」定着に決意 那覇経由で宮崎、鹿児島にも

石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港
石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港

 スカイネットアジア航空(ソラシドエア)は29日、石垣―那覇線に初就航した。記念セレモニーで高橋洋社長は「那覇―石垣線は生活路線。安全で快適な空の旅を提供し、少しでも安く安心して利用してもらう」と述べ、同路線の定着に決意を示した。1日2往復4便で、早期の予約による割引運賃は最安で片道5千円程度に設定。今後は那覇経由の宮崎、鹿児島とのネットワークを利用し、九州からの誘客にも弾みがつくものと期待されている。

 

 石垣発の初便出発を前に石垣空港で記念セレモニーが開かれ、高橋社長は「地域に根を下ろしたエアラインとしての役割を果たしたい。観光だけでなく、スペースに余裕があれば貨物も運び、地域産業の発展に貢献したい」と意気込んだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

続きを読む

2017年

9月

19日

1万4千人超の署名提出 反対派、今後も運動継続 陸自配備問題

石垣島への陸自配備に反対する署名と要請書を中山市長に提出する「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」メンバー=19日午後、市役所
石垣島への陸自配備に反対する署名と要請書を中山市長に提出する「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」メンバー=19日午後、市役所

 石垣島への陸上自衛隊配備計画に反対する署名運動を展開している「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上原秀政、金城哲浩、波照間忠、嶺井善、八重洋一郎共同代表)は19日、有権者の署名数が1万4022人に達した、と発表した。今後も署名運動を継続する。署名数は9月1日現在の有権者数(38501人)の約36%を占めており、目標とする1万5千人に迫る勢い。連絡会は同日、署名を中山義隆市長に提出し、中山市長は「大変多くの皆さんが署名されたことを重く受け止める」と述べた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

 

2017年

9月

19日

恋する聖地にようこそ ハート型の案内板設置 平久保崎灯台

ハート型で、認定証やぱいーぐるが描かれている「恋する灯台」看板が設置された=19日午前、平久保崎灯台
ハート型で、認定証やぱいーぐるが描かれている「恋する灯台」看板が設置された=19日午前、平久保崎灯台

 石垣市観光交流協会(高嶺良晴会長)は19日、石垣島最北端の平久保崎灯台に、同灯台が「恋する灯台」に認定されていることを示す案内板を設置した。

 「恋する灯台プロジェクト」は、日本各地の灯台をロマンスの聖地として認定し、地域活性化に結び付けようというプロジェクト。長崎県に本部がある日本ロマンチスト協会と日本財団が主催し、全国では31灯台が認定されている。
 看板設置費用は、八重山観光フェリー社長の大松宏昭氏が平久保出身であることから、今年2月に行われた同氏の社長就任激励会の余剰金を活用した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

9月

19日

ピンク色の花満開 トックリキワタ きょう彼岸入り

鮮やかなピンク色の花を咲かせたトックリキワタ=18日午後、石垣市登野城
鮮やかなピンク色の花を咲かせたトックリキワタ=18日午後、石垣市登野城

 トックリキワタのピンク色の花が各地で満開し、道行く人々を魅了している。
 南米原産の熱帯花木で、ホウオウボクと同様、県内各地で普及。民家の庭や公園などを彩っている。鮮やかな濃紅色の花びらは、遠くから見るとヒカンサクラと見まごうほど。
 パンヤ科の一種で、成長するにつれ、幹がトックリ状に膨らみ、枝が放射状に広がり、均整の取れた美しい姿になる。
 幹に早くから円錐状のトゲができるが、ハンマーでたたくと簡単に取れる。9月ごろから開花し、11月まで咲き続ける。
 花のあと、こぶし大の実がつき、熟すると割れて、中から白い綿が出る。
 一方、きょう20日は秋分の日の中日に当たる彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」というように、朝晩は吹く風に秋を感じるようになった。(文・写真 南風原英和)

2017年

9月

19日

黒島の芸能 舞台で熱演 20年ぶり、威勢良く

豊年祭でおなじみの「ハディクマイ」が演じられた=17日夜、市民会館大ホール
豊年祭でおなじみの「ハディクマイ」が演じられた=17日夜、市民会館大ホール

 石垣在黒島郷友会(玉代勢泰忠会長)主催による「黒島の伝統芸能祭」が17日夜、市民会館大ホールで開かれ、満席となり立ち見も出る多くの観客で賑わった。

 同イベントは伝統芸能の継承と後継者育成を目的に、約20年ぶりに実施。棒術と結願祭の第一部、舞踊を中心とした第二部、豊年祭を再現した第三部の三部構成で行われ、多数の郷友や島民らが出演した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest

2017年

9月

18日

衆院解散へ 政局風雲急

 衆議院の解散がにわかに現実的になり、政局は風雲急を告げている。安倍政権は10月10日公示、同22日投開票を軸に日程調整を本格化させているという。2014年12月以来、約3年ぶりの衆院選で、自公連立政権が国民の審判を受けることになる。
 沖縄の4選挙区は、いずれも現職が出馬すると見られている。1区は赤嶺政賢氏(共産)、国場幸之助氏(自民)、下地幹郎氏(維新)、2区は照屋寛徳氏(社民)、宮﨑政久氏(自民)、3区は玉城デニー氏(自由)、比嘉奈津美氏(自民)、4区は仲里利信氏(無所属)、西銘恒三郎氏(自民)で、新人は幸福実現党に立候補の動きがある。
 前回14年衆院選では、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する「オール沖縄」と呼ばれる勢力が小選挙区で全勝した。しかし自民候補と下地氏はいずれも比例で復活し、結局、立候補した9人全員が当選する「敗者なき選挙戦」となった。今選挙も「オール沖縄」勢力と自民の対決が軸になる。
 辺野古移設の是非は争点の一つになるが、移設をめぐる状況は当時とは一変した。2016年12月の最高裁判決を受け、辺野古沿岸の埋め立ては適法性が確認され、今年4月には埋め立て工事が始まった。移設阻止は現実的に困難という見方も広がりつつあるが、反対派は徹底抗戦を叫んでいる。
 自民党は移設容認、「オール沖縄」は移設反対の立場で再び干戈(かんか)を交える。移設のメリット、デメリットに関し、双方とも正面から論戦してほしい。
 米軍基地と並んで沖縄が抱える重要な安全保障問題が尖閣諸島問題だ。中国の身勝手な領有権主張は依然として変わらないが、中国公船が領海に侵入して八重山の漁船を追い回すなど、国有化当時に見られた強引な行動は影を潜めた。しかし中国公船と日本の巡視船が尖閣周辺海域でにらみ合いを続ける緊張状態は3年前と比べても改善されていない。
 こうした状況を受け、政府は南西諸島に陸上自衛隊を配備し、守備を固める動きを進めている。石垣島への配備は来年度から本格化する予定で、特に宮古、八重山を含む4区で争点の一つになる。
 現職9氏に関して言えば、この3年間でどれだけ沖縄振興に手腕を発揮したか、有権者が改めて実績をチェックする好機でもある。
 国会議員は市町村議会議員や県議会議員に比べ、住民と接する機会は必ずしも多くない。大所高所から国政の問題に取り組むことが求められるためだが、一方で地域と国政のパイプ役としての機能も果たさなくてはならない。それぞれの政治家が日ごろからどの程度、選挙区に足を運び、地域の要望を吸い上げてきたか問われる。
 沖縄は来年、名護市長選、石垣市長選、県知事選などの大型選挙が相次ぐ。衆院選は事実上の前哨戦として、県内政局を大きく左右する。

2015年

3月

31日

野呂水地区の新道開通 沿線に観光地、安全性向上 石垣港伊原間線

石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)
石垣港伊原間線の野呂水地区の新道開通式でテープカットする関係者(30日午前)

 石垣港から石垣島の主要観光地である名蔵や川平に向かう県道石垣港伊原間線の野呂水地区で、県が従来の道路をバイパスする2・5㌔の新道を新たに整備し、30日、現地で開通式が開かれた。従来の道路は幅員が狭く、急勾配の坂が連続するなど、交通安全上の問題が指摘されていた。新道の整備で住民や観光客の安全性、利便性の向上が期待される。


 石垣港伊原間線は石垣港から伊原間の国道390号と県道平野伊原間線との接続点まで総延長約40㌔の幹線道路。沿線には名蔵アンパル、川平湾などの観光名所があり、観光振興の上からも重要な路線となっている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

3月

31日

中学生向け郷土資料発刊 授業の副読本 総合学習でも活用へ

市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委
市教委から発刊された「八重山の歴史と文化・自然」=30日午後、市教委

 市教育委員会は、中学生用の郷土学習の入門書として「八重山の歴史と文化・自然」を発刊し、30日、市教委で記者発表を行った。市立教育研究所・市立適応指導教室の田本由美子所長は「教科書に準じた内容だけでなく、自然や文化にも力を入れているので、授業以外でも活用してほしい」と報告した。

 同書は13年、14年度の一括交付金を活用して、市教委の監修のもと八重山文化研究会会長や各地域歴史編纂委員会などが資料を提供し、市立教育研究所が編集を行った。


 特徴として八重山の通史年表が挿入されているほか、自然や偉人にも焦点があてられている。学校指導課の宮良永秀課長は「社会の授業の副読本としてだけでなく、理科や総合学習でも活用できる内容となっている」と、本の出来に大満足の様子。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

3月

30日

大学時代に「21世紀の中国」を…

 大学時代に「21世紀の中国」をテーマにした講義を受け、教授や参加者と意見交換したとき、出席者の誰もが「21世紀は中国の世紀になる」と断言した◆人口の多さや人民の潜在能力の高さから、いずれ米国をも抜き、世界一の大国に成長する―と誰もが予想した。「そんなものか」と思いながら話を聞いていた記憶があるが、予想より早く、その時が訪れようとしているようだ◆中国が主導して設立する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行に日米を除く主要国がこぞって参加を表明しており、従来の日米主導に代わり、中国を中心とした新たな金融秩序がアジアで誕生しそうだ。中国が名実ともに「アジアの盟主」として影響力を拡大させることになる◆ただ経済面での躍進とは裏腹に、中国の軍事的、独裁的な体質は強まる一方だ。本来なら隣国の経済成長は大きなチャンスだが、尖閣問題を抱える八重山にとっては、逆に脅威が増す一方だと受け止められる。順調に伸びる八重山観光も、外国人からの誘客は台湾や香港がメインターゲットとなっており、中国本土との民間交流が活発化する兆しはない◆東アジアの玄関口を目指す八重山にとって、相互理解が深まらないまま、隣国の存在感だけ増していく現状は不幸としか言いようがない。

2015年

3月

30日

廣虎 地元から支援を 格闘技ライブに大勢の人出

格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館
格闘技ライブの試合で激しい打ち合いを見せる廣虎(左)=29日午後、大浜公民館

 オキナワ格闘LIVE「武士 MОNОNОFU 廣虎(ひろと)祭り」(主催・ОKINAWA虎の穴)が29日、大浜公民館で開かれた。沖縄本島と石垣島のキックボクシングジムに所属する選手たちが熱戦を展開。最後は石垣市出身のWPMF日本スーパーウェルター級チャンピオン、WPMF日本ミドル級チャンピオンの廣虎が登場した。

 5月31日に世界戦を控える廣虎を支援するイベントで、石垣市では2年ぶりの開催となった。


 選手は「本島軍」「石垣軍」に分かれて対戦。パンチ、キックを力の限り繰り出し、会場には肉が弾ける激しい音が飛び交かった。会場には大勢の人たちが詰め掛け、盛んな声援を送った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

2015年

3月

30日

ソラシド石垣―那覇就航 「生活路線」定着に決意 那覇経由で宮崎、鹿児島にも

石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港
石垣―那覇線に初就航したソラシドエアの航空機=29日午後、石垣空港

 スカイネットアジア航空(ソラシドエア)は29日、石垣―那覇線に初就航した。記念セレモニーで高橋洋社長は「那覇―石垣線は生活路線。安全で快適な空の旅を提供し、少しでも安く安心して利用してもらう」と述べ、同路線の定着に決意を示した。1日2往復4便で、早期の予約による割引運賃は最安で片道5千円程度に設定。今後は那覇経由の宮崎、鹿児島とのネットワークを利用し、九州からの誘客にも弾みがつくものと期待されている。

 

 石垣発の初便出発を前に石垣空港で記念セレモニーが開かれ、高橋社長は「地域に根を下ろしたエアラインとしての役割を果たしたい。観光だけでなく、スペースに余裕があれば貨物も運び、地域産業の発展に貢献したい」と意気込んだ。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html