石垣港に電気遊覧船 環境に配慮 商業運航検討 ターミナルに電源基地も

石垣港に入港した電気推進式遊覧船(13日午後)
石垣港に入港した電気推進式遊覧船(13日午後)

 バンダイナムコグループの株式会社VIBE(本田耕一代表取締役社長)などが県の補助金を活用して建造を進めていた日本最大級の19総㌧型電気推進式遊覧船「ヴァイヴス ワン」が石垣港に入港し、運航の実証実験が行われている。同社は年度内で石垣港離島ターミナル内に陸上電源基地を整備。新年度には新法人を設立し、石垣港を拠点に商業運航を開始する方向で検討している。13日は中山義隆市長と報道陣を招いた試乗会があり、本田社長は「石垣市の観光PRにつなげたい」と期待した。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html