来賓席ガラガラ 自民国会議員の姿なし

 14日に石垣市が開催した「尖閣諸島開拓の日」式典に参加した国会議員は2人だけで、政権与党の自民、公明の国会議員や県選出国会議員はゼロ。翁長雄志知事も自身は出席を見送るなど、例年に比べ、来賓席はガラガラの状態だった。前年はあった安倍晋三首相のメッセージも今年はなかった。
 市は各政党の代表や県選出国会議員などに招待状を送ったが、今年参加したのは民主党の渡辺周衆院議員、次世代の党の浜田和幸参院議員のみ。12人いる県選出国会議員はいずれも欠席した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html