「許可延期」求める声も 石垣港のバス停設置 タクシー協会、議会に請願

 有限会社カリー観光(本社豊見城市)が石垣市に対し、石垣港離島ターミナルへのバス停の設置を申請したのに対し、県ハイヤー・タクシー協会八重山支部(請盛真実支部長)は、市議会に不許可を求める請願を提出した。15日、請願が付託された建設土木委員会(砥板芳行委員長)で審議が始まり、委員からは、新石垣空港のアクセス道路が完成するまで許可を遅らせるよう政治判断を求める声が出た。

 同社は石垣空港と石垣港離島ターミナルを結ぶ新規参入計画を進めており、この2カ所にバス停の設置を申請した。既に県は昨年6月、空港へのバス停設置を許可しているが、市は昨年6月の申請以来、現在まで許可を持ち越している。同支部の請願文は今月14日に提出された。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html