転倒男性救助の米兵表彰 「献身的な介抱に感銘」 在日米軍

功績勲章を受けたバウマン軍曹=在日米国海兵隊報道部提供
功績勲章を受けたバウマン軍曹=在日米国海兵隊報道部提供

 転倒した男性を救助した功績をたたえ、在日米軍第3海兵隊師団のジェイコブ・バウマン3等軍曹(25)が14日、キャンプ・ハンセン(金武町)で、第12海兵連隊の指揮官であるランス・マクダニエル大佐から功績勲章を受けた。バウマン軍曹は「とっさになすべきことをしたまで」と笑顔を浮かべた。在日海兵隊との連絡員である陸上自衛隊の岩崎俊樹曹長が、現場に居合わせ、支援活動の様子を語った。
 昨年12月23日午後、勤務を終えたバウマン3等軍曹がキャンプ・ハンセンから南に向けて車を走らせていたとき、前方を走っていた老人が自転車から転げ落ちた。バウマン軍曹はすぐさま道路わきに停車して老人を安全な場所に移動した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html