現地と高台移転で議論 新博物館の建設位置

新石垣市立八重山博物館(仮称)建設基本構想検討委員会が開かれた=20日午後、大浜信泉記念館
新石垣市立八重山博物館(仮称)建設基本構想検討委員会が開かれた=20日午後、大浜信泉記念館

 新石垣市立八重山博物館(仮称)建設基本構想検討委員会(石垣博孝委員長)の第6回会合が20日、大浜信泉記念館で開かれた。新博物館の建設位置について、利用者の利便性を考慮して現在地(登野城)周辺とする案と、津波対策のため高台に移転する案が上がり、意見は一致しなかった。
 博物館機能を現在地と高台に分散させる「サテライト型」の提案もあった。市教育委員会は具体的な建設位置について、来年度以降に策定する基本計画で示すことにしている。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html