八重山観光 アジアで追い風 チャーター便や旅行商品

韓国で出版された八重山を舞台にした童話(右)と、八重山観光のパンフレット
韓国で出版された八重山を舞台にした童話(右)と、八重山観光のパンフレット

 八重山観光への関心がアジアで高まる兆しを見せている。2月に開かれる石垣島新春(旧正月)花火大会に向け、韓国、台湾から石垣島にチャーター便が運航される。韓国からのチャーター便運航は新石垣空港開港日の2013年3月以来、約2年ぶり。香港では今月8日から3月末までの期間中、那覇経由で石垣島を訪れる商品が造成された。市は昨年来、各国で積極的にプロモーション活動を展開しており、市は「活動の成果」(大得英信観光文化スポーツ局長)と見ている。

 市は昨年6月、大韓航空や関係する旅行会社を訪れ、石垣島観光をアピール。夏には大韓航空系列の出版社から、石垣島と竹富島を舞台にした童話「ジニーのドキドキ旅行記」が刊行され、八重山観光のパンフレットも作られた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html