来月22日に陸自住民投票 中学生、永住外国人も資格者 与那国町

与那国町で進む陸上自衛隊沿岸監視部隊の駐屯地建設工事(2月16日)
与那国町で進む陸上自衛隊沿岸監視部隊の駐屯地建設工事(2月16日)

 与那国町は23日、陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の是非を問う住民投票を2月22日に実施すると告示した。投票結果に法的拘束力はなく、投票結果で配備反対が多数になった場合も駐屯地建設は進む見通しだが、配備推進だった町の姿勢が転換する可能性がある。町選挙管理委員会によると、町民約1500人中、投票資格者は約1300人になる見通し。中学生や永住外国人も投票資格者に含まれており、是非をめぐって議論を呼んでいる。

 投票は祖納地区の町構造改善センター、久部良地区の久部良多目的集会施設、比川地区の比川多目的集会施設の3カ所で午前7時から午後7時まで行われ、町構造改善センターで即日開票される。期日前投票は2月18日に始まる。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html