八重山は初日5位 川島海斗が区間賞 市郡対抗駅伝

三ツ岩森之選手からタスキを受け取る島袋太佑選手=24日、宜野座村(第9中継所)
三ツ岩森之選手からタスキを受け取る島袋太佑選手=24日、宜野座村(第9中継所)

 県知事杯第38回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会(沖縄陸上競技協会主催)は24日、奥武山陸上競技場で午前7時の号砲でスタート。市郡別の14チームが、16区間159・4㌔のレースでタスキをつないだ。八重山勢の川島海斗選手が第4区を39分35秒で走り区間賞を獲得。島袋太佑選手が第10区で15分15秒の大会新記録を出したが、区間では豊見城市の當間厘玖選手に1秒差で敗れた。

 八重山郡チームは、1日目前半は5時間38分39秒で7位、後半は3時間46分29秒で3位となり、1日目総合は昨年より1分59秒遅い9時間25分8秒で5位となった。1日目総合1位は那覇市で9時間8分50秒。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html