八重山総合4位 島尻監督「来年は優勝狙う」 市郡対抗駅伝

識名寧音選手は必死に先頭集団に食らいついた=25日、名護市(第22区間)
識名寧音選手は必死に先頭集団に食らいついた=25日、名護市(第22区間)

 県知事杯第38回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会(沖縄陸上競技協会主催)が25日最終日を迎え、八重山郡チームは17時間09分31秒で総合4位となった。2日目前半3時間36分27秒、後半4時間07分56秒と共に4位。2日目総合は7時間44分23秒で5位だった。総合優勝は16時間43分52秒で国頭郡が勝ち取った。

 八重山は前半17区で7位だったが、18区で田島魁斗選手が順位をひとつ上げて大仲勝士選手につなぎ、前半アンカーの下地選手まで4位をキープし、前半を終えた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html