厳しいレース 声援が力に ボランティアも後押し 石垣島マラソン

給水地点で選手を支えたボランティア(25日)
給水地点で選手を支えたボランティア(25日)

 25日の石垣島マラソン大会では、大勢のボランティアが給水地点に立ち、ゴールを目指すランナーに水やジュースなどを手渡した。沿道には大勢の市民が立ち、ランナーを「頑張れ」という声援で後押しした。石垣島地方気象台によると、この日の最高気温は24・1度と3月中旬並みの暖かさ。ランナーには厳しいコンディションとなったが、ボランティアの奮闘や沿道の激励がランナーを完走に導く力になった。

 給水地点では、ボランティアたちがランナーに声援を送りながら、水やジュース、スポンジなどを手渡した。バナナやオレンジなども並べられた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html