2015年

1月

27日

中国「釣魚島」特設サイトの虚構を暴く① 石井 望

 昨年末、チャイナ國家海洋局は尖閣領有を主張するインターネット特設サイトを開いた。サイト内に琉球國そのものをチャイナとする主張は含まれない。しかし背景としては琉球全土を覬覦(きゆ)する陰謀がある。

 そもそも清國に朝貢する諸國のうち、北と西の多くは現在中華人民共和國に侵略されて領土となった。これらを「五族」と呼ぶ。辛亥革命で清國の宣統帝(せんとうてい)が主權を中華民國に讓渡する詔書にも五族を含み、「五族共和」と呼ばれた。その中に琉球國など東と南の諸國は含まれない。

 琉球など海側の諸國を含まなかった所以は、そもそも實効統治してゐなかったからである。多くの史料で明らかだが、一例を舉(あ)げよう。明國の册封琉球副使、謝杰(しゃけつ)著『琉球録撮要補遺』に、通常チャイナの船は海流に從(したが)って大陸沿岸を南北に航行するだけだが、尖閣の東西航路は違例なので極めて困難だと書いてある。尖閣渡航すら違例なのに、その先の琉球國を實効統治してゐたはずが無い。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html