辺野古阻止へ検証委 月内設置、4月にも結論

 翁長雄志知事は26日午前、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に向けた仲井真弘多前知事の埋め立て承認に瑕疵(かし)がなかったかどうかを検証する有識者委員会を今月中に設置すると発表した。数ヵ月かけて環境調査や、行政手続きなどで不備がなかったかを検証し、その結果を受けて翁長知事は承認を取り消すかを判断する。辺野古移設を阻止する狙いがある。


 委員会は弁護士の大城浩氏、當真良明氏、田島啓己氏、環境分野を専門とする沖縄大学名誉教授の桜井国俊氏の4人、調整中の2人を含む6人で構成される。来週中に第1回目の会合を開き、4~6月で検証結果を取りまとめる予定。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html