八重山そばに児童ら大喜び 「毎日でも食べたい」 給食週間、初の取り組み

児童たちが心待ちにしていた八重山そばの給食準備はテキパキと進められた=27日、石垣小学校3年2組
児童たちが心待ちにしていた八重山そばの給食準備はテキパキと進められた=27日、石垣小学校3年2組

 大好物の八重山そばに大喜び―。石垣市内の小中学校の給食に初めて八重山そばが提供された。27日、石垣小学校(石垣安志校長)の3年2組の教室では、石垣校長をクラスに招待。児童たちは石垣校長に「毎日(そば)でも良い」と話しかけ、大好きな献立を楽しんだ。

 おいしそうに八重山そばをすすった児童たちに石垣校長が「おいしかった人」と、問いかけると26人全員が挙手。「残さず食べればまた出るかもね」との石垣校長の答えに、汁のおかわりをする児童もいた。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html