住民投票 新年度に実施へ 有識者委の結論後に 役場移転

役場移転の早期実現を求める要請書を川満町長に手渡す石垣さん(左から2番目)と上勢頭さん、津嘉山さん=3日午前、町役場
役場移転の早期実現を求める要請書を川満町長に手渡す石垣さん(左から2番目)と上勢頭さん、津嘉山さん=3日午前、町役場

 竹富町の川満栄長町長は3日、役場移転の是非を問う住民投票について、町が設置した有識者検討委員会の結論後に実施する考えを改めて示した。役場移転の早期実現を求める町民有志の要請に答えた。住民投票は新年度に実施する方針。

 

 有識者検討委は既に2回開かれており、残り2~3回予定されている。町は「できるだけ新年度に結論を得たい」としており、検討結果を町民に周知させるため、各地域での説明会開催も検討する。この日、長年にわたって竹富町民の役場移転を訴えてきた町民の石垣金星さん(69)=西表=ら3人が町役場を訪れ、役場移転の早期実現を要請。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html