一括交付金、各市町村で微減 不用額、繰越額の縮減課題に

15年度一括交付金の配分額が決定した=4日、県市町村自治会館
15年度一括交付金の配分額が決定した=4日、県市町村自治会館

 県と41市町村で構成される沖縄振興会議と、沖縄振興市町村協議会が4日、県市町村自治会館で開かれ、2015年度県振興特別推進交付金の、県と市町村への配分額を決定した。交付金は全体で806億円(前年比2・42%減)で、八重山3市町は石垣市9億1100万円(同3・29%減)、竹富町4億7100万円(同2・68%減)、与那国町2億7900万円(同2・1%減)となる。


 市町村協議会は、市町村への配分額312億円のうち、市町村全体で活用する特別枠に40億円、各市町村に均等割りとして1億円ずつ配分した。残りを各市町村の人口と面積から割り出す基本指標と財政力、高齢者人口、離島などを加味した配慮指数を組み合わせて配分額を決めた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html