八重山の情緒深く「綾唄」公演 東京  市出身横目、入嵩西さんら

八重山の伝統舞踊などが披露された「綾唄」公演=14日午後、東京都新宿区(撮影、岸本一太郎)
八重山の伝統舞踊などが披露された「綾唄」公演=14日午後、東京都新宿区(撮影、岸本一太郎)

 【東京】石垣市出身の横目大哉さんと入嵩西諭さんらが14日、東京都新宿区の早稲田奉仕園スコットホールで第2回八重山古典民謡の夕べ「綾唄」を開催した。公演は昼の部と夜の部の2回。舞台前半は朗読「野底マーペー」と八重山古典民謡の演奏、後半は民謡演奏と八重山舞踏が披露された。多くの観客に八重山の歴史と伝統芸能の素晴らしさを紹介し、理解を深め、感動を与えた舞台となった。

 「綾唄」を企画した唄・三線・箏曲の横目さんと琉笛の入嵩西さんは、ともに八重山高校を卒業、沖縄県立芸術大学大学院琉球芸能専攻を修了した同級生。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html