「中学生も投票」抗議百件超 悪例 全国自治体に拡散懸念

工事が進む陸上自衛隊沿岸監視部隊の駐屯地建設地=12日、与那国町
工事が進む陸上自衛隊沿岸監視部隊の駐屯地建設地=12日、与那国町

 ▽抗議の声殺到

 「中学生や外国人まで投票させるのはおかしい」

 与那国町が住民投票の実施を告示した1月23日以降、町役場では抗議電話がひっきりなしに鳴り始め、その数は百件を超えた。怒りの電話は沖縄、本土だけでなく、海外に住む日本人からもかかってきたという。

 日本の命運を決する可能性もある自衛隊配備の是非という重いテーマを、子どもや外国人を含む1300人の有権者だけで判断する住民投票。殺到する抗議は、町の住民投票条例が、常識を逸脱した内容であることを示していた。

 中学生や永住外国人も投票資格者と規定した町の住民投票条例は、昨年11月の町議会で、野党の賛成多数により可決された。同年9月の町議選で与野党が3対3の同数になり、与党から出た糸数健一議長は採決に加わらないため、野党が優位に立った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html