手作り新聞 25年で100号 JTA客室乗務員が発行

丸川社長と「アテンションプリーズ」の編集員ら=19日、日本トランスオーシャン航空本社
丸川社長と「アテンションプリーズ」の編集員ら=19日、日本トランスオーシャン航空本社

 日本トランスオーシャン航空(丸川潔代表取締役社長)の客室乗務員らが有志で作成する手作り新聞「アテンションプリーズ」が、3月1日に100号を発行する。
 同誌は1990年に第1号を発行。年に4回、25年間継続してきた。客室乗務員らが休日を利用して県内各地を取材。現在13人が活動している。同誌の企画・発起人である亀川智子マネージャーは「お客様と距離を縮めたかった。職員間のコミュニケーションが生まれ、職場環境の向上にもつながっています」と笑顔で語った。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html