米軍の綱紀粛正を 県議会が全会一致決議

 県議会は25日、国に対する「米軍機の安全管理と事故の再発防止および米軍人・軍属等に対する綱紀粛正の徹底を求める」意見書と、米国側への同抗議決議を全会一致で可決した。また、具志孝助氏からの質問に対し、町田優知事公室長は「米軍に起因する事件事故は1件たりともあってはならない」という県の認識を示した。


 意見書および抗議決議文書では、米軍機からの部品落下事故や米軍人による飲酒関係の事故・事件が相次いでいるとして、原因究明と機器の整備・保守体制の見直し、米軍人などへの綱紀粛正などを求めるもの。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html