町民の船賃負担軽減へ 新年度に役場移転住民投票 竹富町

施政方針演説を行った川満町長=5日午後、町議場
施政方針演説を行った川満町長=5日午後、町議場

 竹富町の川満栄長町長は5日、開会した町議会(新博文議長)3月定例会で2015年度施政方針演説を行った。町内の移動交通手段である旅客船や貨客船の船賃を電車並みに設定するため、船賃負担軽減事業を実施。町民の負担軽減と利便性向上を図る。役場移転・庁舎建設については、昨年設置された「町新庁舎建設のあり方検討有識者委員会」の提言などを踏まえ、新庁舎建設の取り組み方針に反映させる。役場移転に関する住民投票は15年度中に実施し、課題解決に努めていくとした。


 川満町長は「町民との対話を通して共に知恵を絞り、町政への信頼を積み重ねながら、常に町民の立場に立ったまちづくりを推し進め、町民本意の町行政、開かれた町政の実現を目指す」と決意を示した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html