2周年記念でセレモニー 八重高郷芸部 到着客をお出迎え

観光客もモーヤーに参加し2周年を祝う=7日午前、南ぬ島石垣空港
観光客もモーヤーに参加し2周年を祝う=7日午前、南ぬ島石垣空港

 南ぬ島石垣空港が7日、開港2周年を迎え、記念セレモニーが行われた。八重山高校郷土芸能部の演舞で来島客を出迎え、ボトリングした市の水道水1000本が無料で配布された。

 2013年3月7日に開港した新石垣空港は乗降客数が13年に206万9027人、14年に232万5230人と2年連続で過去最高となった。観光客数も順調に伸びているが、スカイマーク撤退に伴う航空運賃の動向が懸念されている。

 セレモニーは午前10時から到着ロビーで行われ、八重山高校郷土芸能部の17人が海上節や巻き踊りを披露。観客も一緒になって踊り、2周年の節目を祝った。またボトリングした水道水1000本も配布され、アピールした。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html