石垣から世界王者を 廣虎が世界戦支援呼びかけ

会見で挨拶を述べる廣虎選手=8日夜、市内飲食店
会見で挨拶を述べる廣虎選手=8日夜、市内飲食店

 市内大浜出身のプロキックボクサー廣虎の後援会(喜舎場優会長)が8日、市内で記者会見を開き世界戦応援3大プロジェクトを発表した。内容は石垣島後援会の発足、支援イベント「武士モノノフin石垣島廣虎祭り」の開催、世界戦応援ツアー。同後援会の比嘉盛也事務局長は「廣虎を世界の舞台に送るため、地元からの支援をお願いしたい」と呼びかけた。


 昨年12月の大会でWPMF日本ミドル級チャンピオンの座を獲得し2階級制覇した廣虎は、来る5月31日開催の「TENKAICHI76」大会で、WPMFスーパーウェルター級の世界王者戦に挑戦する。

 同後援会は廣虎の世界戦に向け、充実したトレーニング環境を整えようと、3つのプロジェクトを企画し、支援者募集を呼びかけている。