クルーズ船受け入れ強化 通訳増員、情報発信も

昨年のスーパースターアクエリアス号最終寄港セレモニー=2014年10月30日夕
昨年のスーパースターアクエリアス号最終寄港セレモニー=2014年10月30日夕

 スタークルーズ社のクルーズ船「スーパースターアクエリアス」が今年、石垣港に過去最多となる87回の寄港を予定していることを受け、石垣市は従来1人だった観光案内の通訳を2人に増員し、観光案内所に掲示板を設置してイベント情報を発信するなど、受け入れ態勢を強化する。クルーズ船は2003年以来、12年ぶりに12月まで寄港する予定で、石垣市を訪れる外国人観光客はさらに増える見通し。


 スーパースターアクエリアス号は今月5日から今年の寄港をスタートさせた。代理店の沖縄シップスエージェンシーによると、年内は12月30日まで寄港の計画が組まれている。クルーズ船が12月まで寄港するのは02~03年に寄港したスーパースターエーリス以来。


▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html